エアドロップで話題のONT(オントロジー)の将来性・特徴と貰い方について

★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

突如話題になったONT(オントロジー)。何が話題になったかというとONTトークンの貰い方にあります。

それは、NEOをあるウォレットに入れておくだけでONTを付与されるというもの。この仕組みのことをエアドロップ(Airdrop)と言います。今回はその情報についてまとめてみました。

スポンサーリンク

エアドロップって何??

そもそもエアドロップとは何ぞや!?とのことで、エアドロップについて簡単に説明します。

エアドロップは仮想通貨を始めたばかりの人や通貨を保有してくれているサポーターに対して通貨を無料で配布することを言います。

通貨を無料で配布するなんてメリットなんてあるの??って思われるかもしれません。エアドロップを行う理由はちゃんとあります。

1.通貨の流動性を上げる

2.通貨の知名度を上げる

3.事前登録を増やすため

などの目的があります。通貨は持っているだけでは、価値が向上しません。使ってもらうことに意味があります。その通貨自体に意味を持たせ、価値を高めていくことが目的になります。これが1になります。

2の部分は、世の中に出たばかりの通貨は認知度が低いです。そのため、認知度の向上の為に流通量の多い通貨の保有者に対してエアドロップを実施し、新しい通貨について認知して貰います。過去には、ビットコインキャッシュやビットコインゴールドなどが当てはまります。

3はサービスの事前登録を増やしたい場合に活用します。事前登録だけでもないのですが、登録してもらうことである程度の流通の予測が立てやすいです。最低限これくらいの人数でこれくらいの成果が期待できそうだと図りやすいためです。マーケティングでもよく利用されます。

このように、エアドロップを行うにしても理由があるんですよ(^^♪

今回付与されるONTとは

オントロジー(ONT)は、業界固有のモジュールを組み合わせたブロックチェーン/分散型元帳ネットワークです。

これにより、クロスチェーン、クロスシステム、クロスインダストリー、クロスアプリケーション、およびクロスデバイスであるピアツーピアの信頼ネットワークのインフラストラクチャが構築されることが期待されています。

現状のONTの課題

ネガティブなプライバシー保護

ユーザーは自分のID情報を制御できません。

無効なアイデンティティ認証

認証方法は断片化されており、領域間の互換性に乏しい。

データ権利管理

ユーザーは自分のデータを使用できないことが多く、その使用を許可することはできません。

Untappedデータ値

ユーザーはデータの取引可能性を失います。

データ管理独占

複数の検証システムでは、包括的な識別ポートフォリオをコンパイルすることは困難です。

データ交換セキュリティの問題

セキュリティ上のリスクは、データ交換を人気のないものにします。

コラボレーションシステムにおける信頼の問題

共有権の欠如は、異なるグループ間でコンセンサスに達するのが難しいことを意味します。

弱いレピュテーションシステム

包括的な評判とアイデンティティ管理システムが欠けています。

その他の問題

株式管理、偽造された情報の特定、慈善寄付の実施などなど

まだまだ、トークンとして発展途上といったところでしょうか。

ONTのビジョン

オントロジー(ONT)は、複数のトラストタイプを統合されたプロトコルシステムに組み込んでいます。このパートナーから、それに適した分散型の信頼システムを構築することを目指しているようです。

ONTを貰う方法(付与される条件)

NEOを保有している方に付与されます。逆に言うとNEOを保有している方限定!むしろ、保有しているだけでもらえるなんて超ラッキー!持っているといってもちゃんと指定された場所で保管しましょう!Neon Walletで自分のアドレスを作り、そこにNeoを入れましょう。

binanceKucoinでは公式サイトでサポートすることを発表しています。binanceではもしかしたら後日の可能性もありますが、きちんとチェックしておきましょう!

配布される量

配布される量は、1NEOにつき0.2ONT貰えるようです。その内、0.1はNEOネットワーク、残りの0.1は2018年の第二四半期にもらえるようです。

3月1日午前5時までにNEOを保有している方が対象のようなのでお早めに!!ただでくれるんだから貰っておいて損はないですよ!!

エアドロップの発表後のNEOについて(チャート)

2018年2月27日時点でNEOの価格は14700円前後。明らかに発表を受けて価格が高騰していますね。付与されるまでは上がるのではないかと予想されます。

参照:coinGecko

ONTをもらうためのNEOを買うためには

NEOを購入を出来るのは、BINANCE(バイナンス)になります。こちらの海外仮想通貨取引所に日本の仮想通貨取引所から送金することが出来ます。分かりやすい日本の取引所だとbitFlyerなどがあります。※日本の仮想通貨取引所の口座を開設してないと解説に1週間ほど時間が掛かりますので、お気をつけください。

それぞれの仮想通貨取引所から送金をするための送金手数料はこちら!

coincheck bitFlyer
送金手数料(BTC) 0.001BTC 0.0008BTC
送金手数料(XRP) 0.15XRP

今、利用するのなら、bitFlyerにしましょう!

BINANCEの登録手順について

もっと安い通貨が欲しい!という方は下記もオススメですよ!
CoinExchangeの登録手順について
mercatox
KuCoin

まとめ

エアドロップの情報は注目を浴びますね!これからのNEO、ONTの動きには注目です!!

オススメの仮想通貨取引所

人気の仮想通貨取引所

No.1【bitFlyer】
CMでお馴染のビットフライヤー。もちろん、ビットフライヤーも金融庁に認められ仮想通貨取引所として正式に登録をされています。マルチシグによる対応もしっかり行っており、万全のセキュリティ対策をしています。
登録はこちら→【bitFlyer】

No.2【GMOコイン】
GMOグループが運営しているだけあって安心のセキュリティ。専用のアプリも使いやすく、始めやすい仕様となっています。
登録はこちらから→【GMOコイン】


海外編
CoinExchangeの登録手順について
BINANCEの登録手順について
KuCoin
mercatox

仮想通貨の保存なら:USBトークン型ハードウェアウォレット→ 暗号通貨ハードウェアウォレット

スポンサーリンク
関連記事



★記事が気に入ったらシェアをお願いします★