Galaxy S8|S8+とSIMフリースマホ(Zenfone3MAX)を徹底比較!口コミもご紹介!

★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

春と秋に携帯電話の業界は新しい機種を投入してくるので、新しく購入することを悩んでしまいますよね!

そこで、AQUOS RとZenfone3MAXについて比較をしてみましたのでまとめていきます。

Galaxy S8|S8+

サムスン電子が開発・販売をしているスマートフォンがGalaxy S8|S8+になります。

一時期は充電の持ちが悪いなどの酷評がありましたが改善されているのでしょうか。

Galaxy S8|S8+の特徴①全画面ディスプレイ・有機EL

フレームを極限までそぎ落としたため筐体のほとんどがディスプレイになっています。

また、その大きなディスプレイに搭載されているのが「有機EL」です。細かな文字やディティールもはっきりと見え、さらに色鮮やかなので驚くことは間違いなしでしょう。

画面が大きいので動画を見ながらチャットをすることも可能!リアルタイムでおしゃべり出来ちゃいますね!

Galaxy S8|S8+の特徴②Bixby搭載

Bixby(ビクスビー)はスマートフォンをより便利に使うための新しいインターフェースとなっております。

そのため、使えば使うほど、あなたの特徴をスマートフォンは理解していくので、適切なタイミングで機能をオススメしてくれたりリマインドをしてくれます。

Bixby Vision」では、対応している物や場所にカメラを向けるだけで、さまざまな情報を取得することができます。オンラインでの商品の検索や表記されたテキストの翻訳などあなたの暮らしを豊かにしてくれます。

Galaxy S8|S8+の特徴③高度なセキュリティ

虹彩認証を搭載しているので、目で見つめるだけでロックを解除できます。

また、指紋認証、顔認証も搭載しているので、虹彩認証との併用も可能です。
手袋をしているときは虹彩認証、サングラスをしているときは指紋認証などシーンによって使い分けを行うことができます。

セキュリティフォルダ】をご存知でしょうか。これは、見られたくないコンテンツやアプリを分けることができます。仕事とプライベートを分けるときに便利な機能です!

Galaxy S8|S8+の特徴④大容量で保存&管理

microSDカードスロットを搭載しているので最大256GBのデータを保存することができます。カードを変えればその分保存できる量が多くなります。

Zenfone3MAX

Zenfone3MAXはASUSが製造をしているスマートフォンになります。国内SIMフリースマホの販売台数第1位の実績を持っております。その特徴とは何でしょうか?ご紹介していきます。

ASUSはパソコン、タブレット、スマートフォン、スマートウォッチなどのデジタルデバイスやマザーボードをはじめとしたパソコン向け高性能パーツを開発しているエレクトロニクスメーカーです。

Zenfone3MAXの特徴①最大30日間連続待受のバッテリー

驚異の超・長時間駆動のバッテリーを備えております。そのため、最大で30日間待受を持続することが出来ます。ゲームをしても、海外ドラマを満足いくまで見てもバッテリーを気にする必要はありません。

Zenfone3MAXの特徴②リバースチャージ機能

驚異のバッテリー容量のため、他の端末も充電できる「リバースチャージ機能」を搭載しています。他のメーカーのスマートフォンでは考えられない斬新な機能です。

スマホの2台持ちが多くなっている現代には合っていますね。

Zenfone3MAXの特徴③指紋センサーでロック解除

背面に指紋センサーを搭載しているため、そっと触るだけで即座にロックを解除することができます。また、指紋センサーをダブルタップすることでカメラを起動し撮影もタップで出来るように設定が出来ます。

Zenfone3MAXの特徴④ATOK搭載

最高水準の日本語入力システム「ATOK」を搭載しているので、長文の作成も楽々です!長時間バッテリー搭載にあった機能ですね。メールやSNSの文章の作成もらっくらくです。

Zenfone3MAXの特徴⑤ゲームをさらに楽しく

ASUS独自のユーザーインターフェース「ZenUI 3.0」の新機能であるGameGenieにより今までになかった新しい楽しみ方でゲームを堪能できます!

ポップアップウィンドウを呼び出してヒントを検索したり、メモリ解放機能を使って動作をスピードアップしたり、YouTubeやTwitchでゲームプレイを配信したり、思ったことを実行できます!

参照:公式サイト

スポンサーリンク

Galaxy S8とZenfone3MAXの共通点と違い

Galaxy S8とZenfone3MAXで共通をしている部分

外部メモリ搭載
両端末ともmicroSDを256GBまで装着することができます。

カメラの性能
Galaxy(ギャラクシー)では約1220万画素、Zenfone3MAXでは1300万画素となっているので、画素数だけでいうとあまり変わりません。

Galaxy S8とZenfone3MAXで違っている部分

連続待ち受け時間
GalaxyS8は約370時間、Zenfone3MAXは約720時間なので結構大きな違いですね。

ハイレゾクラスの高音質
GalaxyS8はハイレゾクラスの高音質。

CPU
GalaxyS8はオクタコアでZenfone3MAXはクアッドコアとなっております。

ディスプレイ
有機ELディスプレイのGalaxyS8とIPS液晶のZenfone3MAXの違いは直接見てもらうしかないでしょう。

防水・防塵機能
日本メーカーのスマホでは搭載されている機能の防水・防塵がZenfone3MAXでは搭載されていません。

Galaxy S8とZenfone3MAXの口コミ

Galaxy S8|S8+の口コミ

最新CPUのためレスポンスがすごくいいです。有機ELも色ノリがよくとてもキレイに映ります。
ただ、画面がギリギリになったので端を触れるとご操作もします。バッテリーは体感的には前機種よりか若干良くなっている印象です。
総合評価としては、変えてよかったと思っています。

内臓スピーカーがチープすぎます。あと、有機ELのせいなのか画面の色味が赤っぽいです。ブルーライトカット機能をオンにしているのかと思ったぐらいです。
本体がツルツルしているので滑って落としそうになったこともしばしば。画面の保護フィルムも形状からすぐに剥がれてしまうので最悪。

Zenfone3MAXの口コミ

コスパがすごく良いです!
バッテリーの駆動も良く、POKEMON GOをやっていても6時間ずっと使い続けることが出来ます。自分としては申し分ないのですが、若干自動シャットダウンすることがあるので、そこは要修正ですかね。

安物買いの銭失いとはこのことかな。見た目も安物っぽいし性能も全然良くない。いいのはバッテリーだけ。誤操作も多くWiFiも切れる。ストレスが溜まるばかりで使ってられない。

Galaxy S8とZenfone3MAXのスペック表

Galaxy S8とZenfone3MAXの主要機能の部分について表にまとめましたので掲載しますね!

Galaxy S8 Zenfone3MAX
サイズ 約68mm×約149mm×約8.0mm 約149.5mm×約73.7mm×約8.55mm
重量 約150g 約160g
バッテリー容量 3000mAh 4100mAh
連続待ち受け時間 約340時間 約720時間
メモリ(内臓) 64GB/4GB 2GB
カメラ(メイン) 約1220万画素 約1300万画素
カメラ(サブ) 約800万画素 約500万画素

まとめ

電池が長くもった方がいいという方はZenfone3MAXの方が良いかもしれません。ただ、個人ごとの好き嫌いがありますので、参考になってくれればうれしいです。また、ASUSのフリースマホはまだまだ性能が伴っていない面もあるそうです。良く調べてから購入しましょう。
私はここで使っているスマホを高く売って新しい機種の購入をしています!残してても使わないスマホはショップにリサイクルで出さずに売っちゃってます。

スポンサーリンク
関連記事



★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

コメントの入力は終了しました。