Galaxy S8とAQUOS Rを徹底比較!口コミもご紹介!

★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

新しい機種が続々とリリースされていてどれを購入すればいいか悩んでしまいますよね!

そこで、Galaxy S8とAQUOS Rについて比較をしてみましたのでまとめていきます。

Galaxy S8|S8+

サムスン電子が開発・販売をしているスマートフォンがGalaxy S8|S8+になります。

一時期は充電の持ちが悪いなどの酷評がありましたが改善されているのでしょうか。

Galaxy S8|S8+の特徴①全画面ディスプレイ・有機EL

フレームを極限までそぎ落としたため筐体のほとんどがディスプレイになっています。

また、その大きなディスプレイに搭載されているのが「有機EL」です。細かな文字やディティールもはっきりと見え、さらに色鮮やかなので驚くことは間違いなしでしょう。

画面が大きいので動画を見ながらチャットをすることも可能!リアルタイムでおしゃべり出来ちゃいますね!

Galaxy S8|S8+の特徴②Bixby搭載

Bixby(ビクスビー)はスマートフォンをより便利に使うための新しいインターフェースとなっております。

そのため、使えば使うほど、あなたの特徴をスマートフォンは理解していくので、適切なタイミングで機能をオススメしてくれたりリマインドをしてくれます。

Bixby Vision」では、対応している物や場所にカメラを向けるだけで、さまざまな情報を取得することができます。オンラインでの商品の検索や表記されたテキストの翻訳などあなたの暮らしを豊かにしてくれます。

Galaxy S8|S8+の特徴③高度なセキュリティ

虹彩認証を搭載しているので、目で見つめるだけでロックを解除できます。

また、指紋認証、顔認証も搭載しているので、虹彩認証との併用も可能です。
手袋をしているときは虹彩認証、サングラスをしているときは指紋認証などシーンによって使い分けを行うことができます。

セキュリティフォルダ】をご存知でしょうか。これは、見られたくないコンテンツやアプリを分けることができます。仕事とプライベートを分けるときに便利な機能です!

Galaxy S8|S8+の特徴④大容量で保存&管理

microSDカードスロットを搭載しているので最大256GBのデータを保存することができます。カードを変えればその分保存できる量が多くなります。

AQUOS R

AQUOS Rはシャープ株式会社が製造をしているスマートフォンになります。液晶テレビAQUOSのブランドをスマートフォンに引き継いでいるようです。

AQUOS Rの特徴①液晶テレビAQUOSで培った技術

液晶テレビAQUOSで培った美しいディスプレイが特徴です。
HDR動画の再生にも対応をしており、さらに、標準画質のコンテンツや撮影した動画もHDR画質のようなコントラストで楽しめます!

AQUOS Rの特徴②快適な操作感

液晶の応答速度が約1.5倍高速になりました。ハイスピードIGZOでなめらかな操作感を実現。ストレスを感じずに思うままに操作することが出来ます。

AQUOS Rの特徴③驚異の電池持ち

省エネIGZOで電池を気にすることなく余裕で過ごせます。それだけでなく、動作や機能の一部を制限し消費電力を抑える省エネモードも搭載しているため、万が一にも対応できます!

AQUOS Rの特徴④徹底した発熱対策

スマートフォンを使っていると発熱して相当熱くなることもありますよね。そこに着目したのが、このAQUOSになります。内部の端末の温度を監視する温度センサーを搭載し熱を拡散する素材を使ってスマートフォンに熱を貯めない作りになっています。

AQUOS Rの特徴⑤エモパー搭載

スマートフォンAQUOS独自のAI「EMOPA(エモパー)」。人工知能の搭載されたスマホは持ち主の知りたい情報をタイミングよく教えてくれます。明日の天気やToDoなど、忘れてしまいがちなことも教えてくれるサポートをしてくれます。

スポンサーリンク

Galaxy S8とAQUOS Rの共通点と違い

Galaxy S8とAQUOS Rで共通をしている部分

バッテリー容量
GalaxyS83,000mAh、AQUOSR3,160mAhのためほとんど変わりません。

防水・防塵機能
両機種ともに防水・防塵なので、多少の水では壊れません。

外部メモリ搭載
両端末ともmicroSDを256GBまで装着することができます。

ハイレゾクラスの高音質
GalaxyとAQUOSでもハイレゾクラスに音質を上げたため同クラスの高音質に。

・CPUの性能
GalaxyとAQUOS(アクオス)はオクタコアCPUを搭載しております。前機種よりもパワーアップをしながら消費電力を抑え、3D動画もサクサク動きます。

Galaxy S8とAQUOS Rで違っている部分

連続待ち受け時間
AQUOSは約560時間、Galaxyは約370時間なので結構大きな違いですね。

カメラの性能
Galaxy(ギャラクシー)では約1220万画素、AQUOS(アクオス)では約2,260万画素なっているので、画素数は圧倒的にAQUOSの方が良いです。

ディスプレイ
有機ELを使っているGalaxyと液晶テレビAQUOSで培った美術を搭載しているAQUOSどちらがいいかは実際に見てもらった方が早いでしょう。

Galaxy S8とAQUOS Rの口コミ

Galaxy S8|S8+の口コミ

最新CPUのためレスポンスがすごくいいです。有機ELも色ノリがよくとてもキレイに映ります。
ただ、画面がギリギリになったので端を触れるとご操作もします。バッテリーは体感的には前機種よりか若干良くなっている印象です。
総合評価としては、変えてよかったと思っています。

内臓スピーカーがチープすぎます。あと、有機ELのせいなのか画面の色味が赤っぽいです。ブルーライトカット機能をオンにしているのかと思ったぐらいです。
本体がツルツルしているので滑って落としそうになったこともしばしば。画面の保護フィルムも形状からすぐに剥がれてしまうので最悪。

AQUOS Rの口コミ

私はAQUOSをすごく気に入っています。
ネットで検索をしてから購入をするのですが、AQUOSに関しては評価が良く、購入した私からしても快適です。とにかく動作がスムーズなのでストレスを感じません。電池持ちも良く次に新しくするときも間違いなくAQUOSですね!

WiFiの感度が悪いです。違う部屋に行ったら繋がらないなんてしょっちゅうです。なので、家に帰ったらWiFiを切るという訳の分からない使い方をしています。
あと、ちょこちょこフリーズするのを何とかしてほしい。強制終了で直すこともあるぐらいなので。今回でAQUOSはしばらくいいかなぁ。

Galaxy S8とAQUOS Rのスペック表

Galaxy S8とAQUOS Rの主要機能の部分について表にまとめましたので掲載しますね!

Galaxy S8 AQUOS R
サイズ 約68mm×約149mm×約8.0mm 約153mm×約74mm×約8.7mm
重量 約150g 約169g
バッテリー容量 3000mAh 3160mAh
連続待ち受け時間 約340時間 約560時間
メモリ(内臓) 64GB/4GB 64GB/4GB
カメラ(メイン) 約1220万画素 約2260万画素
カメラ(サブ) 約800万画素 約1630万画素

まとめ

電池が長くもった方がいいという方はAQUOS Rの方が良いかもしれません。ただ、個人ごとの好き嫌いがありますので、参考になってくれればうれしいです。
私はここで使っているスマホを高く売って新しい機種の購入をしています!残してても使わないスマホはショップにリサイクルで出さずに売っちゃってます。

スポンサーリンク
関連記事



★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

コメントの入力は終了しました。