仮想通貨FXのGMOコインとは?仮想通貨取引所との違いは!?特徴まとめ!

★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

さまざまな仮想通貨取引所がある中で、いよいよGMOインターネットグループも仮想通貨市場へ参入していきました。

コンセプトとして、仮想通貨FXをするなたGMOコインへというものです。

どういうこと?ほかの仮想通貨取引所と何が違うの?って思われた方はご安心ください!

この後、きちんとご説明します!これを読んだら、GMOコインのことは理解したも同然ですよ(^.^)

GMOコインとは

GMOコインはGMOインターネットグループの仮想通貨交換業の部門として設立した会社になります。

【会社概要】

商号 GMOコイン株式会社
登録番号 関東財務局長 第00006号(仮想通貨交換業)
設立年月 2016年10月
事業内容 仮想通貨交換業
取締役会長 高島 秀行
代表取締役社長 若松 剛史
役員
取締役
原 好史
松島 利幸
監査役
山本 樹
橘 弘一
資本金 17.58億円(準備金含む)
株主 GMOインターネット株式会社
GMOフィナンシャルホールディングス株式会社
GMOグローバルサイン株式会社
Fitech Source,Inc.
高島 秀行

GMOコインと仮想通貨取引所との違い

まずはこちらの図をご覧ください。

参照:仮想通貨FXも【GMOコイン】

まず、取引所では、表示されている仮想通貨の売買は常に行われているため数量が変動しています。そのため購入をしようとしているタイミングで最も安い価格を見て買いの注文をした場合に、実際に約定した価格が想定よりも高い価格となってしまうことがあります。そのため、自分が本来買おうとしていた金額で変えず、予想よりも高くなってしまうケースもあります。

特に大きい金額での取引をした場合には、数万円単位で変動してしまうことも珍しくありません。

一方、GMOコインでビットコインを売買した場合には、500円であっても100万円であっても、提示されている価格で売買が成立します(※1)。そのため、
「100万円を超える金額の取引をしたい」
「自分の意図した価格で取引したい」
と考える方にとって利用しやすいサービスとなっています。
※1)こちらはGMOの注意書きになります。
ただし、レバレッジ取引(仮想通貨FX)の場合には、価格変動時に成行注文等を発注すると、提示された価格と約定した価格との間に差異(スリッページ)が発生することがあります。

また、GMOコインは、シンプルでわかりやすい2Wayプライスとなっており、「取引所は激しく板が動いていて画面の見方や使い方がわかりにくい」という方であっても、簡単にご利用いただける設計になっています。

GMOコインが選ばれる理由

GMOコインが選ばれる理由は3つあります。それは

・提示された金額で取引ができる

・即時入金、出金が無料

・最短で翌日から取引が可能

という特徴があります。

それぞれの特徴について簡単にご説明をします。

提示された金額で取引ができる

これは、先ほどの取引所との違いでもご説明をしましたが、GMOコインでは、提示されている金額での取引が可能となっています。これはうれしい!結局安いと思ったタイミングで買っても高くなったり、売るタイミングでも安くなったりとうまくいかないことが多いですから・・・。

即時入金、出金が無料

GMOでは、私たちユーザーの使いやすさを重視しており、即時入金時の手数料に関してはGMOコイン持ちになっています。これは、使う側からしたらうれしいですね!!実際に何回も購入していると手数料の金額が馬鹿になりませんからね。。。その分投資ができるようになりますよ!

最短で翌日から取引を行うことが可能

これは私の実体験になりますが、仮想通貨が過熱し始めているときに乗り遅れまいと仮想通貨の取引所に口座を開設しました。本人確認など、必要書類はすべて提出し後は審査が通るのを待つだけ。まぁ審査が遅くてなかなか取引ができないんですよね。。。結局1週間近く待たさせて取引を出来るようになったので、価格はだいぶ変わってしまってましたよね。。。

でも、ご安心ください!こちらのGMOコインでは、GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービスのノウハウを活かし、お客様の口座開設までのスピード改善活動を徹底しているので、とにかく、早いです!さすがは、東証一部上場ですね!

GMOコインの「仮想通貨FX」

GMOコインは取引所ではないことは先ほど述べましたね!では、仮想通貨FXでは何ができるのか、特徴を紹介します!

・取引手数料無料

新規注文(買建・売建)、決済注文、ロスカット、すべて無料!

・24時間取引

24時間・365日、土日祝日でも取引可能!

・「追加証拠金制度」なし

「ロスカットルール」のみ採用!追加入金に追われません!

・2wayプライス

注文価格が「Bid/Ask」の2way表示!取引価格が明瞭で分かりやすい!

・少額取引

最低0.01BTCから発注可能、数十円から取引できる!

さらに詳しくはこちらの公式サイトをご覧ください

仮想通貨FXも【GMOコイン】

専用アプリ「ビットれ君」

GMOコインが提供する、日本初の仮想通貨FX専用スマホアプリ『ビットレ君』。GMOインターネットグループが総力をあげて作り上げたアプリになっています。これまでの金融ノウハウを凝縮したアプリになっているため、ユーザーの使い勝手は抜群です。

『ビットレ君』は、FX(外国為替証拠金取引)で利用される標準的な注文機能を搭載しており、トレードに必須である各種のチャートやテクニカル指標を、スマホアプリに最適化された画面で利用することができます。

セキュリティ

GMOコインでは、ユーザーの安心を確保するためにセキュリティにも万全な体制を整えています。

ハッキング対策: オフライン保存

仮想通貨の秘密鍵は、即時送付に必要な分以外、すべてインターネットから隔離された「コールドストレージ」にて保存しています。

即時送付に必要な分についても、一つのアドレスに複数の秘密鍵を割り当てる「マルチシグネチャアドレス」を採用しており、秘密鍵をセキュリティ構成の異なる複数の場所に設置し、リスク低減を図っています。

引用:仮想通貨FXも【GMOコイン】

内部不正対策: マルチシグネチャ

内部による不正を防止するため、「コールドストレージ」管理の内部統制を行なっております。

「コールドストレージ」からの仮想通貨の送付には、技術的に複数部署の承認を必要とすることで、一部担当者の不正により秘密鍵が盗難されるリスクを防止する体制を整備しています。

引用:仮想通貨FXも【GMOコイン】

取扱中も仮想通貨

現在、GMOコインで取り扱っている仮想通貨は下記になります。

ビットコイン

イーサリアム

ビットコインキャッシュ

ライトコイン

上記の通貨になります。

また、11月からはリップルの取り扱いも開始されるとのことです。順次追加の方向性のようです!

スポンサーリンク

まとめ

アプリでサクサク操作ができるのはメリットが大きいですよね!しかも、安心の東証一部上場企業ですから、より一層安心して資産を預けることができますね!セキュリティ対策もバッチリですから利用してみてもいいのではないでしょうか!興味のある方は是非!

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】
取扱通貨増加中!!リップルの取り扱いも始まります!!

オススメの仮想通貨取引所

人気の仮想通貨取引所

No.1【bitFlyer】
CMでお馴染のビットフライヤー。もちろん、ビットフライヤーも金融庁に認められ仮想通貨取引所として正式に登録をされています。マルチシグによる対応もしっかり行っており、万全のセキュリティ対策をしています。
登録はこちら→【bitFlyer】

No.2【GMOコイン】
GMOグループが運営しているだけあって安心のセキュリティ。専用のアプリも使いやすく、始めやすい仕様となっています。
登録はこちらから→【GMOコイン】


海外編
CoinExchangeの登録手順について
BINANCEの登録手順について
KuCoin
mercatox

仮想通貨の保存なら:USBトークン型ハードウェアウォレット→ 暗号通貨ハードウェアウォレット

スポンサーリンク
関連記事



★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

コメントの入力は終了しました。