安くて安全に使用できる電子タバコを販売店は?おすすめ3選

★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

IQOS(アイコス)が日本でも普及し街中でも見かけるようになりましたね。それ以外にも海外発祥の電子タバコが日本に流れてきているため「どれを選んだらいいのかわからない」「種類が多いけど安全性も気になる」と気にされる方は多いのではないでしょうか。

そこで、最新の電子タバコをご紹介いたします。

と、その前に

スポンサーリンク

電子タバコとは

葉を加熱し吸引するタイプ

フィリップ・モリス社が出している「IQOS(アイコス)」が最も有名なところです。日本製ならJTが出している「Ploom TECH(プルーム)」というものがあります。

これらの特徴として、タバコの葉(または成分を含んだもの)を充電式の機械に装填し加熱することで煙を発生させ吸引をするというもの。

※ニコチンは含まれていますが、タールは含まれておりません。

リキッドと呼ばれる液体を熱するタイプ

これは道具に入っている液体を電気で過熱し気体にしたものを吸うタイプです。欧米などではかなり流行しており、有名人が使うなど、喫煙よりもオシャレの為に使うなど用途が変わってきます。水蒸気を吸うというものなので、煙とは違い副流煙の心配がありません。

※ニコチンが含まれない、タールも含まれないタイプのものもあります。

リキッドと呼ばれる液体を熱するタイプ

今回のご紹介に関しては、後者のタイプの電子タバコになります。

リキッドの種類には害があるものもある

日本で作られたリキッドであれば安全の基準を満たしているため基本的には安全です。

ただ、海外製の商品に関しては安全性を疑った方がよいでしょう。有害物質を含んでいるものもあるようですので、、、。国によっても違ってきますが、中国産は一時問題になったり、事例もありますので、リキッド選びには慎重になった方がいいです。

リキッドタイプの電子タバコ3選

フレンバー(Frienbr)
吸う美容液【+Beauty】
VAPE(ベイプ)

まとめ

葉のタバコから今では電子タバコに変わり、ライフスタイルとしてのタバコが確立してきました。もうすでにタバコとも呼ばなくなり、ファッションの一部ですね!

ニコチンもタールも含まれておらず、なおかつ、美容にもいいものも出ているので女性にはもちろん、美容に気を使っている男性にもおすすめです!
サンプルもありますので気軽に楽しむのもありですね。

スポンサーリンク
関連記事



★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

コメントの入力は終了しました。