2018年【紀文のおせち】ディズニーやハローキティとの人気コラボおせち!紀文のこだわりとは?

★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

スポンサーリンク

紀文とは

紀文の哲学

紀文は、昭和13年(1938年)創業の長い歴史を持つ食品の加工・販売を行っている企業になります。

代表的なものでいえば、「おでん」「かまぼこ」「おせち」などでしょう。

自社で、研究開発・商品開発、ロジスティクス・販売、製造まで一貫して行っております。

通常であれば、ロジスティクスなど外注できる部分は外注し自社では管理しないケースがあります。ですが、それをしないのは、紀文の想いとして、お客様により満足していただける商品を「食」を通して提供するという信念があるからでしょう。

【紀文の哲学】

1.安全でなければ真に美味しいとは言えない

2.よりお客さまと時代のニーズに応えた美味しいものをお届けしたい

私たち消費者としても会社の軸となる哲学(企業理念)として掲げてもらえると安心ですね!

紀文の品質の証

紀文が提供している商品には紀文の焼印があることをご存知でしょうか。

参考:https://www.kibun.co.jp/corporate/gaiyou.html

これらのマークになります。

紀文として、「作り手の私たち」「流通業の皆様」「消費者の皆様」の三者の心と心のふれあいを大切さ、パートナーシップの大切さ、感謝の心を表現しています。

また、焼印に関しては、「私たちが品質を保証します」という意味も込められているみたいですよ!

 紀文のおせち

伝統を大切にしたおせち

そんな、紀文が提供しているおせちはどんなものなのでしょうか?

その疑問に情報をまとめてみました!

紀文のおせち料理は、にこだわる「江戸造り」!

その心とは、江戸時代にまで遡ります。江戸時代の人々は、鯛を尊び、めでたい鯛で縁起の良い蒲鉾を作ったと言われています!江戸の地で生まれた紀文だからこそ、そのころの心意気を忘れず、鯛でめでたい正月を迎えるという伝統を大切にしています。

職人技へのこだわり・正月へのこだわり

紀文では、伝統を大切にするとともに技術に対してもこだわりを持っています。

最高の原料、最高の技術、最高の品質
を追求すること。
これが創業から続く紀文の基本方針。
1本1本ていねいに手付けされる
「手造り蒲鉾」は、
そんな職人の技の結晶です。

参考:https://www.kibun.co.jp/info/kodawari/

また、正月に対してもこだわりを持っています!

「おせち料理」は正月を彩るお祝い料理。
紀文では様々な家庭のニーズに合わせて、
バリエーション豊富な商品をラインナップ。
たとえば
蒲鉾だけで約100種類。

参考:https://www.kibun.co.jp/info/kodawari/

そんな紀文の商品がオンラインショップで購入することができます!

バリエーション豊富なおせちの種類

紀文では伝統的な昔ながらのおせちから、ディズニーとコラボしたおせちなど様々なおせちを取り扱っております。その一部を紹介しますね!

 ディズニーデザインおせち

おせち詰め合わせ/ディズニー

ハローキティデザインおせち

はろうきてぃのおせち詰め合わせ

シニア向けおせち

やわらかめに仕上げた伝統おせち

まとめ

紀文のこだわりを知ることでより安心して商品を購入することができますね!口に入るものだからこそ気を付けなければならないことですし、気になるところです。
種類の豊富なおせちがたくさんありますので、見てみるだけでもいいのでは??
ご予約はお早めに!

スポンサーリンク
関連記事



★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

コメント

コメントの入力は終了しました。