安価でマインクラフトのゲームでもマイニングができる仮想通貨DGBとは??

★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

ビットコインが世の中を騒がしていますね!

そんな中、ビットコインと同じブロックチェーン技術を使い、日の元に出ない仮想通貨があることをご存知でしょうか。

今回は、数カ月前に話題になった、DigiByte(DGB)についてご説明します!

現在は価格も下がりXVGなどと同じくらいの価格になっています。日本円で1円くらいです。

DegiByte(DGB)コインとは

デジバイトは大規模なブロックチェーン技術を用いて金融取引を行うことが出来ます。

また、デジタル資産としての価値を見出そうとしており、セキュリティの面でも強化を図っています。

具体的には、3つのDegiByteブロックチェーン層に分かれます。

3つのDegiByteブロックチェーン層とは

ブロッチェーン技術というものは、取引を第三者に監視をさせ、記録していくものになります。通常、国の通貨などであれば、国が通貨の価値の保証人になります。

ですが、仮想通貨では、保証人は明確にいません。そのため、相互に信用をすることで価値を創出しているのです。

話が脱線しましたが、DGBのデジタル資産を安全に管理するための技術がデジバイトには3つあります。

1.アプリケーション層

2.デジタル資産/公開元帳層

3.コア通信プロトコル/グローバルネットワーク層

アプリケーション層

分かりやすく言うとAppleStoreのようにアプリケーションごとに役割を持っているように明確な役割を持たせています。

DAPPS(分散アプリ)
デジバイトのブロックチェーン上で構築された分散アプリケーションになります。

Digi-Apps
デジバイトのブロックチェーン上に構築された集中アプリケーションになります。

スマート契約
デジタル上でセキュリティを活用するための契約書になります。

これらの、デジバイト独自のアプリケーションを利用することでブロックチェーンの安全性を強固にしています。

デジタル資産/公開元帳

こちらは、DegiByteの特徴としてハッキングされない、複製されないというものがあるのですが、そちらの技術を使い、取引した内容についてはすべて記録されるというものです。

コアプロトコル/グローバルネットワーク層

分散ノードを使い、ネットワークに接続されている機器からアクセスが簡単にできるようになっています。

デジバイト(DGB)の使い方について

こちらは、DGBを報酬として使用するという使い方が多そうです。また、寄付にも使われることが多そうです。

マインクラフトという世界的に有名なゲームでDGBがマイニングできると話題になりました。一時3円ほどにまで高騰をしたのですが、

長続きはせず、現在は1円にまで下がっています。

DigiByte技術仕様

開始日: 2014年1月10日
ブロックチェーンタイプ:パブリック、分散、UTXOベース、マルチアルゴリズム
ティッカーシンボル: DGB
Genesisブロックハッシュ:「USA Today:2014年1月10日、ターゲット:データは最大110Mの顧客から盗まれました」
最大合計サプライ: 21年(2035年)で21 Bilion DigiBytes
ブロック報酬の削減: 1%毎月
5倍鉱業Algorithims: SHA256、Scrypt、Groestl、かせ&量子ビット
ブロックのタイミング: 15個の第二のブロック、(アルゴあたり1.5分)
アルゴブロックシェア: 20%アルゴごとのブロックシェア(5)
難点リターゲット: 1ブロックごと、別々の5つの難易度、1つの鉱山ごとに1 Algo
SegWit Support:はい。Segwitを成功裏に活性化するための最初の主要なaltcoin。(2017年4月)
4倍速Hardforks: DigiShield、MultiAlgo、MultiShield、DigiSpeed
3倍Softforks: SegWit、CSV、NVersionBips
電流供給: 8107031908 DGB(2017)
年間供給インフレ: 2017年12%
現在のブロックの報酬: 842 DGB

DGBのチャート

参照:https://bittrex.com/Market/Index?MarketName=BTC-DGB

6月ごろは0.00002200bitくらいにまで価格が上がったんですけどね~。なかなかうまくいかないものですね!

購入は海外のサイトBITTREXなどで購入することができますよ!

まとめ

DGBはビットコインと被る部分が多くあるため、よほど差別化ができないと厳しいかもしれません。

その結果がチャートに表れてしまっていますから。通常のビジネスでも突出した何かがない限り似た会社はなくなっていくのと一緒ですね。

2020年までのロードマップも発表をされていますので、確認をして期待していきたいですね!

利用している取引所はこちら
GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】
取扱通貨増加中!!リップルの取り扱いも始まります!!詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

仮想通貨FXのGMOコインとは?仮想通貨取引所との違いは!?特徴まとめをまとめてみました!これを見ればGMOコインについてすべて把握したも同然!?レバレッジの取扱いや扱っている仮想通貨も公開!



簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

オススメの仮想通貨取引所

人気の仮想通貨取引所

No.1【bitFlyer】
CMでお馴染のビットフライヤー。もちろん、ビットフライヤーも金融庁に認められ仮想通貨取引所として正式に登録をされています。マルチシグによる対応もしっかり行っており、万全のセキュリティ対策をしています。
登録はこちら→【bitFlyer】

No.2【GMOコイン】
GMOグループが運営しているだけあって安心のセキュリティ。専用のアプリも使いやすく、始めやすい仕様となっています。
登録はこちらから→【GMOコイン】


海外編
CoinExchangeの登録手順について
BINANCEの登録手順について
KuCoin
mercatox

仮想通貨の保存なら:USBトークン型ハードウェアウォレット→ 暗号通貨ハードウェアウォレット

スポンサーリンク
関連記事



★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

コメントの入力は終了しました。