モナコインがアメリカ進出!?bitFlyerUSAがアメリカで始動!!利用は!?

★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

bitFlyerがアメリカに進出しましたね!

その名も「bitFlyer USA」!!

今回はbitFlyer(ビットフライヤー)でも取り扱いのあった仮想通貨「モナコイン」の海外進出の真意について情報をまとめました。

スポンサーリンク

bitFlyer USAとは

bitFlyer(ビットフライヤー)の公式サイトにて11月29日に重大な発表がありました。その内容とはアメリカで子会社のbitFlyer USAが仮想通貨交換業を開始したというものです。

bitFlyer(ビットフライヤー)は、国内に80万人の会員が存在し、月間の取引量が5兆円を超える国内最大級の仮想通貨取引所になります。

資本金も41 億 238 万円(資本準備金含)あります。この資本金が多いか少ないかですが、他の国内仮想通貨取引所と比較をして見ましょう!

・coincheck(コインチェック)
資本金 9,200万円・Zaif(ザイフ)※テックビューロ株式会社 
資本金8億3,013万円(資本準備金含む)・bitbank(ビットバンク)
資本金11億3,100万円(資本準備金含む)

いかがでしょうか!資本金だけみても規模が違うことは一目瞭然ですね!coincheckはまだ規模があまり大きくないために手数料が高いのか・・・。

きちんと仮想通貨交換業者としての金融庁登録など、国内最大の仮想通貨・ブロックチェーン企業として事業を拡大しています。

bitFlyer USAの米国での仮想通貨交換業開始はbitFlyer(ビットフライヤー)にとって初の海外進出案件となりかなり力を入れています。また、国内で培った技術を使い、アメリカの市場に打って出ています!

ターゲットは機関投資家になり、ある程度の金額のトレーダーに対して高い流動性を提供するとのことです。

そもそも、海外での仮想通貨交換業の開始ってことがどれだけすごいかというと、世界で4つしか例がないことを実現したんです!どういうことかというと、NYDFS(ニューヨーク州金融サービス局) が制定した BitLicense を世界で 4 番目に取得したことがすごいんです!

NYDFSを取得することにより、bitFlyer USAはアメリカのでニューヨーク州を含めて 42 州で仮想通貨交換業運営の許可を得ておりサービスの提供ができます。巨大なマーケットと取引できる権利を得たって感じですね!

このことに伴い、bitFlyer USAの始動に伴い下記のように発言をしています。

bitFlyer USA, COO Bartek Ringwelski のコメント
「bitFlyer USA の事業開始に伴い、近日中に日米のクロスボーダー取引が可能になりま
す。当社のサービスでは WEB インターフェースあるいは API を通じた高速取引により、
米国の機関投資家に対して今までにない高い流動性を提供できます。」

引用:bitFlyer

bitFlyer USAの取り扱い通貨

まだ、正確な情報が分かっていませんが、ビットコインの扱いを先行して行っているようです。今は、会員登録(アカウント作成)を促進している段階なのでしょうね。

取引手数料を2017年末まで無料にするキャンペーンなどしばらくはキャンペーンを随時行っていくとのことです。

そして、2018年前半にはわかっているだけで、4種類の仮想通貨が取引可能になるとのことです。

その4種類とは、Litecoin(ライトコイン)、Ethereum(イーサリアム)、Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)、Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ) などのアルトコインになります。

残念ながら、現段階では「モナコイン」の取り扱いは発表されていません。ただ、いつ情報が更新されるかわかりませんので、取り扱いの情報が分かりましたら配信します。

モナコインの価格・チャート

11月29日ごろの発表からの価格の推移についてチャートを載せます。

引用元:bitFlyer

bitFlyerUSAでの取り扱いがないことを発表されているにも関わらず価格は上昇しています。1カ月で約3倍です!何が要因なのかはもうわからないですねww

モナコインの購入はこちらからできます!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

まとめ

モナコインのアメリカ進出はまだ先になりそうですね。ただ、日本を代表するモナコインの取り扱いが海外で行われたら日本のネット上では大騒ぎになること間違いなし!期待してまちましょう!( ´∀`)

利用している取引所はこちら
GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】
取扱通貨増加中!!リップルの取り扱いも始まりました!!詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

仮想通貨FXのGMOコインとは?仮想通貨取引所との違いは!?特徴まとめをまとめてみました!これを見ればGMOコインについてすべて把握したも同然!?レバレッジの取扱いや扱っている仮想通貨も公開!



簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

オススメの仮想通貨取引所

人気の仮想通貨取引所

No.1【bitFlyer】
CMでお馴染のビットフライヤー。もちろん、ビットフライヤーも金融庁に認められ仮想通貨取引所として正式に登録をされています。マルチシグによる対応もしっかり行っており、万全のセキュリティ対策をしています。
登録はこちら→【bitFlyer】

No.2【GMOコイン】
GMOグループが運営しているだけあって安心のセキュリティ。専用のアプリも使いやすく、始めやすい仕様となっています。
登録はこちらから→【GMOコイン】


海外編
CoinExchangeの登録手順について
BINANCEの登録手順について
KuCoin
mercatox

仮想通貨の保存なら:USBトークン型ハードウェアウォレット→ 暗号通貨ハードウェアウォレット

スポンサーリンク
関連記事



★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

コメントの入力は終了しました。