SBIバーチャル・カレンシーズがいよいよ始動!噂のリップル/XRPへの影響はある!?

★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

※金融庁のホームページには以下の留意事項が掲載されています。ご留意ください。

仮想通貨交換業者登録一覧

  • 本一覧に記載された仮想通貨交換業者が取り扱う仮想通貨は、当該仮想通貨交換業者の説明に基づき、資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。
  • 金融庁・財務局が、これらの仮想通貨の価値を保証したり、推奨するものではありません。仮想通貨は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
  • 仮想通貨の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

≪仮想通貨を利用する際の注意点≫

  • 仮想通貨は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 仮想通貨は、価格が変動することがあります。仮想通貨の価格が急落したり、突然無価値になってしまうなど、損をする可能性があります。
  • 仮想通貨交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か確認してください。
  • 仮想通貨の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。
  • 仮想通貨や詐欺的なコインに関する相談が増えています。仮想通貨を利用したり、仮想通貨交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法に御注意ください。
スポンサーリンク

SBIバーチャル・カレンシーズ

会社概要

商号 SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社
英語表記 SBI Virtual Currencies Co., Ltd.
設立 2016年11月1日
事業内容 仮想通貨の交換・取引サービス、システムの提供
仮想通貨交換業登録番号 関東財務局長 第00005号
所在地 〒106-6019 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー
資本金 9億8,000万円(資本準備金を含む)
株主 SBIグループ100%
役員 代表取締役会長 北尾 吉孝
代表取締役社長 齋藤 亮
取締役 藤本 守
取締役 バスケス・カオ フェルナンド・ルイス
監査役 西川 保雄
個人情報問い合わせ窓口 03-6779-5110(平日午前9時~午後5時)
取材等のご連絡先 sbivc_contactatsbivc.co.jp

商号として既に登録をしており、設立から1年が経とうとしています。

仮想通貨交換業者の登録は?

2017年9月29日に公式HPにて登録完了の発表がありました。

SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社(以下「SBIVC」)は、2017年9月29日、金融庁にて仮想通貨交換業の登録を完了しましたのでお知らせいたします。SBIVCは登録完了を受け、今後、営業開始に向けて鋭意準備を進めてまいります。営業開始日が決定いたしましたら改めてご案内いたします。

参考:https://www.sbivc.co.jp/topics/

仮想通貨交換業者の登録に関してですが、金融庁に詳細が記載されています。内閣府令に基づいて金融庁長官が指定した規律を指定するものになります。

取り扱う仮想通貨について

取り扱う仮想通貨については今のところビットコインしか発表をされていません。ただ、その前より北尾社長はリップルによる送金がどれだけ素晴らしいか熱弁をしています。
グローバルスタンダードになる」「携帯電話のころから続くガラパゴス時代では今後の日本に未来はない」「世界に出ていかなければならない」と言っています。

第二四半期決算説明会

先日行われたSBIホールディングスの決算説明会の資料の一部を抜粋して説明します。

ブロックチェーン技術に関する説明から仮想通貨へとつながります。

仮想通貨エコシステム構築の基本観
現在の仮想通貨および仮想通貨市場の様々な
問題の克服に寄与するエコシステムの構築

参照元:http://www.sbigroup.co.jp

さらに、

目次

(ⅰ)中国に偏在しているマイニング活動への参入
(ⅱ)ボラティリティの安定化に向け、実需としての仮想通貨
活用手段の構築を推進
(ⅲ)機関投資家などに、仮想通貨の新たな取引機会を提
供することで市場の安定化に寄与
(ⅳ)健全な市場構築のための仕組みづくりに貢献
(ⅴ)取引所が乱立するなかで、顧客中心主義を実践する
圧倒的規模の仮想通貨取引所の開設を目指す

の項目で説明をしています。

その中でも注目なのは、Ripple社が扱うXRPの決算基盤を活用した国際送金システムを利用することにより国際間での送金について60%もコスト削減が可能になると発表をしていることにあります。

この発言をするということは・・・

やはりRipple社のXRPは取り扱うということでしょう!ただ、今はまだということなのでしょうね。

補足:マイニングをしているとは思いませんでした。マイニングにより仮想通貨のシェアの獲得を目指すとの事です。

参照元:http://www.sbigroup.co.jp

韓国へ本格進出開始

韓国の市場においてブロックチェーン(分散台帳技術)を活用した金融機関向け送金ソリューションの拡販を本格的に開始しています。具体的に何をしているかというと米国Ripple社とのジョイントベンチャーのSBI Ripple Asiaによる日本を中心としたアジアの金融機関に対して送金における革新的なソリューションを提供しています。

そこに韓国でブロックチェーンに対する豊富な知見と実績を持っている韓国企業のDAYLIが手を組むことによって日本と韓国、韓国とその他の国々に対して効率的な国際送金の実現を目指すために動き始めています。

当然、SBI Ripple Asiaが動き出すのですから、メインで使われる仮想通貨はXRPになるでしょうね。実際に先ほどのビットコインとXRPにおける送金の比較も出ているくらいですから、送金にXRP(Ripple社のシステム)を使わない事は考えづらいです。

仮想通貨基盤とした新たな金融生態系の構築

SBI社では、リップル以外にも仮想通貨自体を基盤にした新たな金融生態系の構築に取り組んでいます。

・仮想通貨関連のポータルサイト

・仮想通貨を活用した決済

・仮想通貨を使った送金

・仮想通貨取引所

・仮想通貨ヘッジファンド

・仮想通貨ファイナンス専門の会社によるICO及び仮想通貨建て債券の発行等のプロモーション

・仮想通貨マイニング

・仮想通貨のデリバティブ市場の創設

・ICO(トークン)発行企業及び取引所の評価(格付け)

これら9つに対し取り組んでおり、モーニングスターなどの関連会社があるため既に動き出しているもの、これから始動するものと別れています。ただ、これから始動するものに関して近日中なことは間違いないでしょう。

これらをほぼ同時に取り組んでいるのには理由があります。各事業所を同時に育て、相乗効果・相互進化を促すためです。

そして、

「証券」「保険」「銀行」の既存の金融生態系をFinTechとのシナジーによる拡大をしていくとともに相乗効果・相互進化を狙っている仮想通貨の金融生態系の2軸を用意することで、この既存の金融生態系と新規の金融生態系のシナジーをも生み出そうと考えているのです。

今でいうところのWirex(ワイレックス)社のように、既存金融サービス(決済カード)と仮想通貨技術(仮想通貨支払い)を組み合わせる企業を橋渡しとして生態系間のシナジーを創出し更なる発展、サービスの提供をしていこうと考えているようです。

今後、SBI社のサービスはさらに飛躍していくことは間違いないでしょう。SBIバーチャルカレンシーズで取引が可能になったら、他の取引所と比べ資本金が多いため取引所の安定性を求めるユーザーは移籍してくるかもしれませんね。また、SBI証券など、SBIの既存のサービスを利用している会員が仮想通貨取引所との相互取引を簡易に行えるようになれば仮想通貨市場がさらに加速していくのではないでしょうか。改めて思うこととして、一つの企業の動きがここまで世の中に影響を与えるのは相当すごいことですね。

Ripple社と北尾社長

Ripple社の公式サイトにはブロックチェーンとXRPについての見解がインタビュー形式で紹介されています。

具体的な内容については、公式サイトをご覧いただければと思います。

Ripple公式サイト

そのインタビューの中で、

・金融機関のみならず、金融サービスのすべての利用者は大きな便益を受けることが出来る

・XRPがグローバルスタンダードになると強く確信している

・Ripple社への出資を行い、SBI Ripple Asiaを設立、国内外送金を行うために銀行コンソーシアムを設立。

などなどの発言をしています。

仮想通貨のXRPを所有している方は多いかと思いますが、実用的に使うという視点で考えると恩恵を享受できるのはまだまだ先になりそうですね。

デイトレードをする方にとっては物足りないかもしれませんが、長期的な視点で見たら期待が大きい仮想通貨だと思います。

まとめ

SBIバーチャル・カレンシーズで実際に取引が開始されるのはそう遠くはないと思います。現段階では、SBIの会員が流れ込んできても耐えられるようにシステムの準備をしているとの事です。
日本国内ではDMMやサーバーエージェントなど仮想通貨取引所への新規参入が相次いで予定されています。2017年は仮想通貨元年と言われていますが、2018年以降も仮想通貨市場は過熱していきそうですね。いよいよビットコインが70万円を超えたことでどこまでいくのか想像できません。XRPのto the moonに期待です。

利用している取引所はこちら
GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】
取扱通貨増加中!!リップルの取り扱いも始まります!!詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

仮想通貨FXのGMOコインとは?仮想通貨取引所との違いは!?特徴まとめをまとめてみました!これを見ればGMOコインについてすべて把握したも同然!?レバレッジの取扱いや扱っている仮想通貨も公開!



簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

オススメの仮想通貨取引所

人気の仮想通貨取引所

No.1【bitFlyer】
CMでお馴染のビットフライヤー。もちろん、ビットフライヤーも金融庁に認められ仮想通貨取引所として正式に登録をされています。マルチシグによる対応もしっかり行っており、万全のセキュリティ対策をしています。
登録はこちら→【bitFlyer】

No.2【GMOコイン】
GMOグループが運営しているだけあって安心のセキュリティ。専用のアプリも使いやすく、始めやすい仕様となっています。
登録はこちらから→【GMOコイン】


海外編
CoinExchangeの登録手順について
BINANCEの登録手順について
KuCoin
mercatox

仮想通貨の保存なら:USBトークン型ハードウェアウォレット→ 暗号通貨ハードウェアウォレット

スポンサーリンク
関連記事



★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

コメントの入力は終了しました。