リップル/XRPの価格高騰の追い風になるか!?韓国勢の勢いか?

★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

リップル/XRPがすごいことになっています!!

まさかの高騰をし始めたXRP。その要因となったRipple社の出来事について最新情報を配信します。

新しい取締役の就任や新たな銀行の国際送金の取り組み開始などRippleネットワークは拡大中です!

スポンサーリンク

韓国勢はやはりXRP保持数が多い

韓国でXRPを所持している割合が高いという情報は有名ですよね。改めてどれだけの量が韓国で保有しているか確認をしてみました。


出展:XRP CHARTS

韓国の通貨は「ウォン」です。これは、上記の画像だと「KRW」になります。全体のボリュームから韓国のKRWの割合を見てみるとなんと67.3%もありました!

今すぐ、価格が変動するというわけではありませんが、観光勢がリップル/XRPを見離したら価格に影響が出ることは間違いなさそうです。

そんな、XRPのチャートを確認するにはこちらのサイトをご覧ください。
XRP CHARTS

新たに3行で国際送金を開始

11月中ごろから下旬にかけてRipple(リップル)社から新たな発表がありました。

その発表というのも、スタンダード・チャータード銀行(シンガポール)、アクシス銀行(インド)、RAKBANK(UAE)の3行がRippleNetを利用して国際送金を開始したとのことです。

内容としては、スタンダード・チャータード銀行(シンガポール)とRAKBANK(UAE)からアクシス銀行(インド)へ国際送金サービスを開始したとのことです。

Ripple(リップル)社のネットワークを使った国際送金を開始した背景として、「スピードと透明性への期待、そして、要望が高度になっていく顧客への対応」のためサービスを利用しているとのことです。

アメリカンエクスプレスとの発表があってからの立て続けの発表。今後、国際送金にRipple(リップル)のXRPが使われることがあたり前になる日もそう遠くはなさそうです。

GMOコインが11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始

現在4種類の仮想通貨で取引が出来る「GMOコイン」。新たに1つの仮想通貨が追加され取引できるようになります。

それが、Ripple(リップル)/XRPです!

XRPの取扱いに伴いキャンペーンの実施もあるようです。詳細は29日のメンテナンス後に発表になるようでどのようなキャンペーンになるのか楽しみですね!

現在GMOコインで取引が出来る仮想通貨は、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの4種類になります。

公式サイトはこちら→ GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

GMOコインについてはこちらの記事をご覧ください。

仮想通貨FXのGMOコインとは?仮想通貨取引所との違いは!?特徴まとめをまとめてみました!これを見ればGMOコインについてすべて把握したも同然!?レバレッジの取扱いや扱っている仮想通貨も公開!

新しい取締役の就任

ニューヨーク金融サービス局(NYDFS)の局長を務めていたベンジャミン・ロースキー氏が21日に取締役に就任しました。

仮想通貨業界に精通しており、若干47歳という若さながら、金融市場の健全化に貢献をしてくれていたそうです。

仮想通貨コンサル会社も設立しているので、Ripple(リップル)社にとって追い風になってくれることを願っています。

XRPのチャート

参照:https://www.coingecko.com/ja/%E7%9B%B8%E5%A0%B4%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%88/%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AB/jpy

2017年11月26日時点でXRPの価格は、28.2円です。1か月前と比べたら6円ほど価格が上がっています。

これからも堅調に値上がりをしてほしいものです。

XRPの購入方法について

購入できる取引所は、coincheck(コインチェック)という仮想通貨取引所になります。口座開設には1週間ほどかかるのでお早めに!

ちなみにcoincheck(コインチェック)から海外の仮想通貨取引所へ送金することもできます。bitFlyerでも送金は出来ますよ!

それぞれの送金手数料はこちら!

coincheck bitFlyer
送金手数料(BTC) 0.001BTC 0.0008BTC
送金手数料(XRP) 0.15XRP

XRPでも送金ができるのはcoincheckになります。しかも、XRPで送る方が手数料は断然安いです。今回の場合だとETHかXEMでの送金をおすすめします。安すぎる仮想通貨だとBTCだと割高になります。

海外の仮想通貨で安価な仮想通貨を扱っている仮想通貨取引所はBINANCEになります。他の通貨も購入したいという方はこちらをご覧ください。
BINANCEの登録手順について

もっと安い通貨が欲しい!という方はCoinExchangeへ!0.01円などの通貨も豊富にありますよ!
CoinExchangeの登録手順について

まとめ

Ripple(リップル)のRippleNetの取扱いが増えてきました。アメックスが利用することで他のクレジットカード会社が続くことも予想されますし、

国際送金にRipple/XRPを利用する銀行も増えていきそうです。1年くらいの長いスパンで動向を見た方が良さそうです。

利用している取引所はこちら
GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】
取扱通貨増加中!!リップルの取り扱いも始まります!!


簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

オススメの仮想通貨取引所

人気の仮想通貨取引所

No.1【bitFlyer】
CMでお馴染のビットフライヤー。もちろん、ビットフライヤーも金融庁に認められ仮想通貨取引所として正式に登録をされています。マルチシグによる対応もしっかり行っており、万全のセキュリティ対策をしています。
登録はこちら→【bitFlyer】

No.2【GMOコイン】
GMOグループが運営しているだけあって安心のセキュリティ。専用のアプリも使いやすく、始めやすい仕様となっています。
登録はこちらから→【GMOコイン】


海外編
CoinExchangeの登録手順について
BINANCEの登録手順について
KuCoin
mercatox

仮想通貨の保存なら:USBトークン型ハードウェアウォレット→ 暗号通貨ハードウェアウォレット

スポンサーリンク
関連記事



★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

コメントの入力は終了しました。