仮想通貨Qtum(クアンタム)の特徴、上場している取引所の情報まとめ!

★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

こちらの画像は仮想通貨Qtumのプロジェクトチームのメンバーです。2017年12月23日で6,000円を超える値が付いています。

そこで、Qtumの基本情報、取り扱っている仮想通貨取引所と購入方法についてもご紹介いたします。

スポンサーリンク

Qtum(クアンタム)とは

Qtum(クアンタム)の特徴は大きく分けて5つあります。

分散型アプリケーション

Bitcoinの良いところとEthereumの良いところを掛け合わせたブロックチェーン技術になります。それをビジネス向けにプラットフォームを開発しています。

より具体的には、Bitcoin CoreインフラストラクチャとEthereum Virtual Machine(EVM)の互換性のないバージョンを組み合わせたQtumは、Bitcoinの確実なブロックチェーンの信頼性を、スマートな契約によって提供される無限の可能性と融合させています。

安定性、モジュール性、相互運用性を念頭に設計されたQtumは、実世界のビジネス指向のユースケースに適した信頼性の高い分散アプリケーションを構築するための最重要ツールキットです。

このハイブリッドの性質は、PoSコンセンサスプロトコルとの組み合わせにより、Qtumアプリケーションを主要なブロックチェーンエコシステムと互換性を保ちながら、モバイルデバイスとIoTアプライアンスのネイティブサポートを実現をします。

【紹介動画】

 ビジネスに特化したスマート契約

Qtumは、確立されたセクターやレガシー機関がブロックチェーン技術と容易に連携できるようにしています。

独自のトークンを作成し、サプライチェーン管理を自動化し、標準化された環境で自己実行契約を結び、安定性を検証し、テストを行っているようです。

スマート契約ライフサイクル管理

Qtumは、学術パートナーと協力して、ビジネススマート契約開発のワークフローを標準化するためのツールと方法を開発しています。

これには、スマートコントラクトの機械翻訳への人間が判読可能な合意の正式に検証可能な翻訳と、その要素、利用規約のエラー耐性仕様が含まれます。

業界標準の設定

一連のパートナーや第三者と協力して、Qtum(クアンタム)は、サプライチェーン管理、通信、IoT、ソーシャルネットワーキングなど多数の業界や使用事例に、

適合した安全で徹底的にテストされた契約テンプレートを提供する、スマートな契約ハブを確立することを目指して開発をしています。

モバイル分散アプリケーション

BitcoinのUTXOモデルをベースにしたSimple Payment Verification(SPV)プロトコルは、デフォルトでQtumコードベースでサポートされています。

その結果、任意のモバイルデバイスに簡単にインストールできるライトウォレットからスマートコントラクトを実行し、モバイル分散アプリケーションの時代を告げることが可能になります。

これにより、ブロックチェーンは、スマートフォンとタブレットによってすべてのインターネットトラフィックの半分が生成されている世界で混乱を乗り切る準備が整っています。

Account Abstract Layer

QtumはBitcoinsのスクリプト言語を拡張し、QtumのEVMバージョンにコードを転送する手段として機能します。

これにより、スマートコントラクトで実現可能な無限の可能性とビットコインの安定性と成熟度を組み合わせることで、以前は完璧ではなかった環境でスマートな契約を実行し、分散したアプリケーションを簡単かつ安全に実行することが可能にしています。

クロスプラットフォームとの下位互換性

Qtumは既存のEthereum契約やBitcoingatewayと互換性があり、システムが更新されても下位互換性を維持することができるので、万が一システムの変更があっても対応することが出来ます。

使う側としては、安心して使うことが出来ますね!

Qtum(クアンタム)の価格・チャート

2017年12月23日時点でのQtum(クアンタム)の価格は、0.00351bitになっています。チャートを見てもわかりますが、価格は上昇傾向にあります。

しかも、さらにシカゴトリビューンでも取り上げられているんです!

シカゴトリビューンで注目を浴びる

2017年12月23日のシカゴトリビューンの記事で、Qtum(クアンタム)のことが注目として取り上げられています。内容はこちらになります。

Qtumはビジネスの公的な元帳になりたい オープンソースのブロックチェーンプロジェクトでは、ビットコムのブロックチェーンの信頼性とethereumネットワークのスマートな契約の柔軟性を組み合わせることを望んでいます。

この組み合わせにより、ビジネスアプリケーションの安定性を提供することができます。このプロジェクトを開発するQtum Foundationは、シンガポールに拠点を置いています。

Qtumは51億ドルの時価総額を有し、過去2週間で262%増加している。

引用:シカゴトリビューン

Qtum(クアンタム)の購入方法

残念ながら、Qtumは日本の仮想通貨取引所で購入することが出来ません。ですが、日本語対応の海外の仮想通貨取引所で購入することが出来ます。

それが、BINANCE(バイナンス)という仮想通貨取引所になります。日本の仮想通貨取引所から送金することが出来ます。例えば、分かりやすい日本の取引所だとコインチェックbitFlyerなどがあります。口座開設には1週間ほどかかるのでお早めに!

それぞれの送金手数料はこちら!

coincheck bitFlyer
送金手数料(BTC) 0.001BTC 0.0008BTC
送金手数料(XRP) 0.15XRP

XRPでも送金ができるのはcoincheckになります。しかも、XRPで送る方が手数料は断然安いです。

BINANCE(バイナンス)の登録手順についてはこちらを参考にしてください。
BINANCE登録手順について

まとめ

今後が期待されている仮想通貨のうちの一つであるQtum(クアンタム)ですが、今だけなのか今後も伸び続けるのかわかりません。

ただ、仮想通貨は今後注目を浴び続けることは間違いないでしょう。新たに規制ができることもあるかもしれませんが、規制が出来る前と後だと後者の方が不利になってしまうこともあります。

購入はお早めに!

その他の仮想通貨一覧はこちら!

仮想通貨種類一覧!おすすめポイント含め仮想通貨一覧を特集としてご紹介!ビットコイン以外の多種の仮想通貨を取り揃えました!今まで書いた記事を見やすいように一覧にまとめました。目次のように使っていただけたらと思います。

おすすめの仮想通貨取引所はこちら
GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】
取扱通貨増加中!!リップルの取り扱いも始まります!!詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

仮想通貨FXのGMOコインとは?仮想通貨取引所との違いは!?特徴まとめをまとめてみました!これを見ればGMOコインについてすべて把握したも同然!?レバレッジの取扱いや扱っている仮想通貨も公開!



簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

オススメの仮想通貨取引所

人気の仮想通貨取引所

No.1【bitFlyer】
CMでお馴染のビットフライヤー。もちろん、ビットフライヤーも金融庁に認められ仮想通貨取引所として正式に登録をされています。マルチシグによる対応もしっかり行っており、万全のセキュリティ対策をしています。
登録はこちら→【bitFlyer】

No.2【GMOコイン】
GMOグループが運営しているだけあって安心のセキュリティ。専用のアプリも使いやすく、始めやすい仕様となっています。
登録はこちらから→【GMOコイン】


海外編
CoinExchangeの登録手順について
BINANCEの登録手順について
KuCoin
mercatox

仮想通貨の保存なら:USBトークン型ハードウェアウォレット→ 暗号通貨ハードウェアウォレット

スポンサーリンク
関連記事



★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

コメントの入力は終了しました。