リップル/XRPについて北尾社長がコメント!高騰するリップルの勢いと理由

★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

リップル/XRPの価格が高騰し以前の勢いを取り戻しつつあります。そんな中、タイミングを計ったかのようにSBIホールディングスの代表である北尾社長がコメントをしました。

そんなコメントの内容と現在の日本のメガバンクとの関係性について記事をまとめてみました。

スポンサーリンク

北尾社長によるコメント

2018年1月18日の日経新聞に北尾社長のコメントが掲載されていました。リップル/XRPについてというよりも「仮想通貨」についてコメントをしている中でリップル/XRPというキーワードを多用しております。

仮想通貨、投機から実需へ SBI北尾吉孝社長

仮想通貨の価格急落が騒がれている。「バブルがはじけた」などの指摘があるが、私はそんな状況ではないと認識している。チューリップバブルとも全く違う。実用価値がほとんどないチューリップに対し、仮想通貨は様々に活用できるブロックチェーンという先端技術をベースにしている。昨年は投機的に値上がりしてきた面が大きいが、今年は制度づくりも進んで「使うため」に買われるようになるだろう。

引用:Nikkei

この記事の中で注目されることは「実需」という言葉になります。※実需とは実際の消費、実際に使われること

よく言われることですが、仮想通貨の中でリップル/XRPは他の通貨とは使い方が違うと言われいます。その理由としては、「実需」として、実際に使われる技術を開発、提供をしてくれるからです。

「実需」ではなく「投機」が目的の通貨では限界がきます。いずれは淘汰されていくでしょう。その中で残っていくのが、「実需」というわけです。

また、国際送金に関して、北尾社長は、性能でリップル/XRPを評価しています。その理由がなぜなのか、リップル社が提供しているリップルネットワークが何に使われてXRPトークンの存在意義が確立出来ているのかなど、仕組みや課題を理解して投資をしている人がどれだけいるかが現状では不明点になります。

XRPは使用するとなくなります。そして、発行されることはありません。つまり、使えば使うほど減るのです。そのため、1XRPという単位で送金を行えば数年、数十年で枯渇します。

つまり、XRPトークンを使用する単位1ではなく0.0001XRPとも言われています。そうすると1XRPは1000分の1の価値になるので、価格の上昇も限度額があるように思われます。※金額についてあくまで憶測ですけどね!

銀行にとってのリップルの活用メリット

リップル社が発行するXRPは送金コストが低く、決済などの処理速度も速いというメリットがあります。そのため、実用化が進めば膨大な維持費用がかかる銀行業界の送金システムの仕組みを覆すことになります。

オリンピックに向けた準備

リップル/XRPは、東京オリンピック(経済効果30兆円、来日客2,000万人、全世界へ中継)のタイミングに間に合わせるために急ピッチでインフラを整えています。

加えてリップル社とSBI社が東京オリンピックの公式スポンサーに名乗り出るとの噂もありますが、まだ、出所がはっきりしていない情報です。

そんな中、国内のメガバンクは苦戦

産経ニュースにはこのような記事が掲載されています。

3メガ銀が「口座維持手数料」検討へ マイナス金利で苦境、30年度中にも結論

引用:産経ニュース

メガバンクは「金余り」の状態が続いており、企業向け貸し出しが伸び悩んでいるとの事です。そのため、口座維持手数料を徴収することを検討したり、AIで店舗の統廃合を進め、3メガ合算で3万人強の業務量を減らすことを視野に入れているとの事です。

ただ、海外の商業銀行では口座維持手数料を導入しており、月々2000円を徴収している銀行もあります。むしろ、日本だけが「無料」という高待遇なのです。ただ、まぁ預けているだけで2000円取られるのは抵抗ありますけどね。。。

XRPのチャート

暴落、高騰をしたXRPですが、2018年1月18日23時時点のチャートを見てみましょう!

参照:coinGecko

170円ほどでだいぶ価格が戻ってきましたね!明日の朝起きたらどうなっているか楽しみです。

リップル/XRPを購入するなら

これらの情報を元にチャンスだと考えるのなら、早めの購入・買い増しをオススメします。分かりやすい日本の取引所だとコインチェックbitFlyerなどがあります。口座開設には1週間ほどかかるのでお早めに!

それぞれの別の取引所に送金する際の送金手数料はこちら!

coincheck bitFlyer
送金手数料(BTC) 0.001BTC 0.0008BTC
送金手数料(XRP) 0.15XRP

XRPでも送金ができるのはcoincheckになります。しかも、XRPで送る方が手数料は断然安いです。今回の場合だとETHかXEMでの送金をおすすめします。安すぎる仮想通貨だとBTCだと割高になります。

海外の仮想通貨取引所にも送金したい・他の通貨も購入したいという方はこちらをご覧ください。

CoinExchangeの登録手順について
BINANCEの登録手順について
mercatox
KuCoin

まとめ

仮想通貨市場の動きの速さは読めませんね。だからこそ、情報をキャッチして早めに行動して勝ち組になって、みんなで得をしてしまいましょう!

仮想通貨一覧はこちら!

おすすめの仮想通貨取引所はこちら
GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】
取扱通貨増加中!!リップルの取り扱いも始まりました!!詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

仮想通貨FXのGMOコインとは?仮想通貨取引所との違いは!?特徴まとめをまとめてみました!これを見ればGMOコインについてすべて把握したも同然!?レバレッジの取扱いや扱っている仮想通貨も公開!



簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

オススメの仮想通貨取引所

人気の仮想通貨取引所

No.1【bitFlyer】
CMでお馴染のビットフライヤー。もちろん、ビットフライヤーも金融庁に認められ仮想通貨取引所として正式に登録をされています。マルチシグによる対応もしっかり行っており、万全のセキュリティ対策をしています。
登録はこちら→【bitFlyer】

No.2【GMOコイン】
GMOグループが運営しているだけあって安心のセキュリティ。専用のアプリも使いやすく、始めやすい仕様となっています。
登録はこちらから→【GMOコイン】


海外編
CoinExchangeの登録手順について
BINANCEの登録手順について
KuCoin
mercatox

仮想通貨の保存なら:USBトークン型ハードウェアウォレット→ 暗号通貨ハードウェアウォレット

スポンサーリンク
関連記事



★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

コメントの入力は終了しました。