バイナンス上場をした仮想通貨PIVXについて情報まとめ!購入するべき?

★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

 Binanceにて上場銘柄について人気投票を行ったにもかかわらず、別の仮想通貨「PIVX」 が取引開始になりました。

PIVXとはどんな特徴があるのか、情報を配信します。

公式サイト:PIVX

公式twitter:

スポンサーリンク

PIVXとは

PIVXとは、略語です。Pの rivate Iは nstant Vが erified Tの(ransactionをX)
PIVXの特徴: トランザクション型のセキュリティとプライバシーに焦点を当てた分散型オープンソースの暗号化です。

開始日: 2016年2月1日(Darknet(DNET)という名称でした。)
POS: Pos 3.0( Bitcoinコア0.10.xコードベース)
Masternodes: Tor-Masternodes(10K PIVX /ノード)

使用する人を保護するためにセキュリティの強化、プライバシーを守るためにIPアドレスを追跡できないようなシステムを利用しています。

PIVXの特徴

技術的なことをいろいろと書きますが、私もプログラムに詳しいわけではないので、まとめるとXVGのトークンと似たような特徴を持っています。

匿名性に焦点を当てた開発を行っており、透明性と匿名性を切り替える「レイスプロトコル」はないものの、I2P、TORというネットワークを利用しています。XVGの定義は下記のような内容です。

プライバシー重視の安全な匿名性暗号通貨です。

プライバシーのために複数匿名ネットワーク、TORやi2Pなど採用しています。

そして安全性を支えるとマイナーにコインの公平な分配を確保するために、5つのアルゴリズムを採用しています。

引用:VERGE公式サイト

※Tor(トーア)はIPアドレスを相手に知られることなくインターネットに接続したり、メールを送信したりできる匿名の通信システムです。

※I2P は匿名なオーバーレイネットワーク(ネットワーク内のネットワーク)です。ISPなどのサードパーティーによる地引き網的監視やモニタリングからコミュニケーションを保護するように意図されました。プライバシーを不安に思っている多くの人々に使われています。

XVGについてはこちら

下記に特徴をそれぞれ記載しますが、気になる方は見てみてください!

確定的なzPIVウォレット

各zPIVの作成後に、ユーザーは新しいバックアップを作る必要がなくなります。zPIVシード(秘密鍵と同様)をバックアップすることにより、ユーザーは将来zPIVを完全バックアップし、zPIVシードを新しいウォレットに簡単にインポートし、シード付きのzPIVを復元することができます。

zPIVステイキング(zPoS)

ユーザーは通常のPIVのようにzPIVを利用することができるだけでなく、より高い報酬を獲得し、プライバシーと使いやすさを最大限に高めます。提案された新しいブロック報酬体系では、ブロック報酬を賭けるzPIVはPIVを報酬として受ける報酬よりも50%大きくなります。

PIVXは、ほとんどのプライバシコインよりも匿名性セットのサイズが大きく、タイミング攻撃を防ぐための成熟時間はすでにありますが、zPIVステキングは、zPIVミントと消費がより頻繁に発生するようにすることでプライバシーをさらに最適化します。

iOSモバイルウォレット

数ヶ月にわたる厳しいテストの後、待望のiOS PIVX Mobile Walletが提出されましたが、Appleによって拒否されました。フィードバックを早急に提出できるよう、フィードバックを行っています。

新しいQTウォレットデザイン

PIVX Qtウォレットのグラフィック・ユーザー・インターフェースは合理化され、zPIVオート・ミント、外部記憶装置の自動バックアップ、ステーキングのための自動スプリット・スレッショルドなどのオプションに簡単にアクセスできます。

ウォレットのプロポーザル

ユーザーは、QTウォレットのグラフィックユーザーインターフェイスからすべてのPIVXガバナンス機能を簡単に実行できます。Webサイトにアクセスしたり、デバッグコンソールから投票する必要はありません。

ウォレットの投票

ユーザーは、QTウォレットのグラフィックユーザーインターフェイスからすべてのPIVXプロポーザルに簡単に投票することができます。Webサイトにアクセスしたり、デバッグコンソールから投票する必要はありません。

外部ストレージデバイスの自動バックアップ

現在、ウォレットは元のPIVXディレクトリにのみ自動バックアップを作成できます。PIVXウォレットを実装すると、ユーザーは外部記憶装置などの自動バックアップの場所を選択できます。

元帳ハードウェアWalletマスターネット担保サポート

オフライン環境またはコールド・ストレージのハードウェア・ウォレットに秘密鍵を格納すると、最高レベルのセキュリティが得られます。この機能により、マザーノードの担保PIVを元帳デバイスに確保し、同時にマスターノードを稼働させ、報酬、zDEXの取引手数料、および投票を得ることができます。

新しいPIVX.orgウェブサイト

このウェブサイトは、きれいで現代的なインターフェースのアップデートで完全に再設計されます。新しいデザインを統一するために同様のタイポグラフィを使用して、ウォレットとウェブサイトの主要なブランド更新があります。

zPIV分散型Exchange(zDEX)

PIVXコアウォレットは、zPIVとBitcoinの完全分散型で匿名の交換を提供します。これは、仲介者なしでBitcoinからのPIVXへの直接入力として機能します。zDEXからの取引手数料は、zDEXNodes(zDEXを安全にするのにも役立つmasternodes)に報酬を与えられ、受動的収入のためのPIVの購入と長期保有を促します。登録なし、IPアドレスロギングなし、サーバーのセキュリティへのコインの委託なし。

コミュニティが設計したガバナンス

2017年には、マスターノードの所有者が満場一致で投票権を再配分しました。現在、マスターノードの所有者だけが投票できます。いくつかのCDG提案が提出され、投票され、勝利提案はPIVXのガバナンスシステムとして実装されます。

弾性ブロックサイズ

ピーク時およびネットワーク攻撃中でも、ブロックサイズはオンデマンドで調整され、最速のトランザクションを可能にします。PIVXは、大衆消費者の採用とともに規模を拡大することができます。

I2Pネットワーク統合

I2Pは、完全分散型のピアツーピアモデルを使用する匿名化ネットワークです。それはTORのような他のモデルよりも多くの重要な技術的利点を持ち、はるかに速く、安全で堅牢です。

U2F統合

あなたのPIVX財布へのアクセスは、パスワードとFIDO U2Fの両方のセキュリティキーで保護することができ、ハッカーやキーロガーを効果的に保護します。ウォレットには、YubiCo YubiKeyやLedger Nano Sなど、最も一般的なU2Fデバイスの設定手順が表示されます。

Dandelion Protocol統合

Dandelion Protocolは、送信者のIPアドレスを事実上追跡できないようにします。ノードに中継されるトランザクションは、「stem」フェーズでランダムなホップ数を通過し、「fluff」フェーズでより多くのノードに対称的にブロードキャストされます。たとえ攻撃者が毛羽立ち相の位置を特定しても、元のIPを発見することは困難です。

PIVXのチャート

Binanceに上場すると価格が高騰する傾向にあるのですが、今回はあまり関係がなさそうです!0.001BTCです!

参照:coinGecko

PIVXの購入方法

BINANCE

残念ながら、XVGは日本の仮想通貨取引所で購入することが出来ません。海外取引量最大級の仮想通貨取引所のBINANCEで購入することが出来ます。

BINANCEを利用するためには日本の仮想通貨取引所から送金することで入金ができます。例えば、分かりやすい日本の取引所だとコインチェックbitFlyerなどがあります。口座開設には1週間ほどかかるのでお早めに!

それぞれの送金手数料はこちら!

coincheck bitFlyer
送金手数料(BTC) 0.001BTC 0.0008BTC
送金手数料(XRP) 0.15XRP

XRPでも送金ができるのはcoincheckになります。しかも、XRPで送る方が手数料は断然安いです。

BINANCEの登録手順について

PIVX以外の通貨(海外の取引所で扱っている)も購入したいという方はこちらをご覧ください。

CoinExchangeの登録手順について
mercatox

まとめ

PIVXは一時期話題になったXVGという仮想通貨と似たような特徴を持っています。他に突出する特徴がなければ発展は難しいかもしれませんね!

その他の仮想通貨一覧はこちら!

仮想通貨種類一覧!おすすめポイント含め仮想通貨一覧を特集としてご紹介!ビットコイン以外の多種の仮想通貨を取り揃えました!今まで書いた記事を見やすいように一覧にまとめました。目次のように使っていただけたらと思います。

おすすめの仮想通貨取引所はこちら
GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】
取扱通貨増加中!!リップルの取り扱いも始まりました!!詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

仮想通貨FXのGMOコインとは?仮想通貨取引所との違いは!?特徴まとめをまとめてみました!これを見ればGMOコインについてすべて把握したも同然!?レバレッジの取扱いや扱っている仮想通貨も公開!



簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

オススメの仮想通貨取引所

人気の仮想通貨取引所

No.1【bitFlyer】
CMでお馴染のビットフライヤー。もちろん、ビットフライヤーも金融庁に認められ仮想通貨取引所として正式に登録をされています。マルチシグによる対応もしっかり行っており、万全のセキュリティ対策をしています。
登録はこちら→【bitFlyer】

No.2【GMOコイン】
GMOグループが運営しているだけあって安心のセキュリティ。専用のアプリも使いやすく、始めやすい仕様となっています。
登録はこちらから→【GMOコイン】


海外編
CoinExchangeの登録手順について
BINANCEの登録手順について
KuCoin
mercatox

仮想通貨の保存なら:USBトークン型ハードウェアウォレット→ 暗号通貨ハードウェアウォレット

スポンサーリンク
関連記事



★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

コメントの入力は終了しました。