【仮想通貨】kinの最新情報と将来性への影響について考察をしてみた!

★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

kikmessengerのサービスを提供している会社が開発をしている仮想通貨「kin」。このkinが現在どのように展開をされているのか、今はどの段階にいるのか情報をまとめました。

1月の仮想通貨下落の影響を受けて、価格は相当下がりました。日本円で0.02円くらいにまでなり12月に購入をしてしまった私は含み損をしてしまいました。(そんなに大量に購入をしていないので影響もそれほどないですが。。。)

Ethereumネットワークから移行するという話やkinのおさらいも含め再度情報を載せることにしました。

kinの基本情報はこちら!

激安(1円以下)仮想通貨KINとは?特徴、将来性、価格、取引所などの情報まとめ!!日本では買えない仮想通貨で将来が有望視されている過疎通貨のKINになります。価格は1円よりも安く、出来立てほやほやの通貨をご紹介!KikMessengerの特徴もまとめてみました!
スポンサーリンク

kinが提供するものとは

kinの目標としているもの。それは、デジタルサービス内の日々の活動において、カジュアルにそして、アクティブなユーザーに使用してもらうことです。ユーザーが今までに経験をしたことがない程の素晴らしい経験を提供することで、世界中の何百万人ものユーザーにアプローチすることを目指しているのです。

言うのなら、だれも使ったことがないけれど、出てきたら皆があたりまえのように使う、生活の一部になるサービスを提供することをkinは実現したいのです。今でいうスマートフォンをあたりまえに持っていることは初期の段階では否定の声が多かった。それを絶え間ない努力、改善を繰り返し認められるまでに成長した。kinはブロックチェーンを用いてそれを実現したいのです。

それはすなわち、ユーザーの誰もがKINを簡単に手に入れ、日常生活に役立つデジタルサービスの中に費やすことができる分散型経済を構築しているということになります。

kinの理想を叶えるためには

Kinが成長して成功するためには、多数のユーザーと多数のトランザクションに対して堅牢でスケーラブルな基盤が必要です。これは、より安全に大きな規模でも耐えられるようにしなければならないということと同義です。

これを達成するには、ロードマップの一部として適切なブロックチェーンを見つけなければなりません。最初のステップは、Kinのインフラストラクチャソリューションがどこにあるかに応じて、要件を重視し、以下のパラメータに優先順位を付けることです。そのパラメーターは下記の4つに分類されます。

手数料

・将来価値の予測

・時間短縮

・ネットワークの可用性

手数料

IPLv2での当初の賞品処理では、短期間にウォレットの作成を完了するために、高い手数料を設定しました。その結果、ウォレットの作成コストが高くなりました。

コストを削減するために、取引の手数料を引き下げて取引手数料を調整することができました。しかし、手数料を下げることの弊害として、確認時間が長くなり、ユーザーの使用に悪影響を及ぼすことがあります。

将来価値の予測

分析の結果、ガソリン価格は固定価格に設定されていても、実際の取引手数料は決定的ではありませんでした(ETHではなくUSDに関連して)。手数料はETH価格の変更により予測できませんでした(ETH / USDレートが高いほど取引費用が高くなります)。また、入札単価もそれに応じて変更されるため、料金はネットワークの構築に影響を与えます。

時間短縮

メインストリームのWebアプリケーションユーザーは、製品を使用する際にすぐに反応すると期待しています。標準のWebアプリケーションの応答時間は100ミリ秒程度です。Ethereumネットワークは、約12秒ごとに新しいブロックを採掘するように設計されています。

つまり、理想的なネットワーク状態であっても、トランザクションの使用/獲得を確認することで、ユーザーエクスペリエンスに影響を与える遅延が発生する可能性があります。先ほど記載したように手数料を安くしようとすると取引の確認時間が長くなるという問題があります。

ネットワークの可用性

これらのネットワークの変動は、トランザクションの確認時間(トランザクション作成とブロックチェーンの確認時間との間の期間)の統計分析でも明確に示されています。

kinのネットワーク移行に関して

kinが現在利用しているEthereumネットワークからStellarに移行をするとのことです。その移行に際してユーザーへの影響はどれだけあるのか、分裂はするのか等気になる情報をQ&A方式でまとめました。

Q:KinをStellarや他のブロックチェーンに移行しようとしているとはどういう意味ですか?

A:移行とは、通常、システム間を一方向に移動することを指します。しかし、この場合、KinからStellarへの移行は、並行して実行される代替ブロックチェーンとしてStellarを使用することを意味します。Stellarのインスタンスでは、EthereumとStellarの両方を並べて使用します。Ethereumであなたのトークンを保持することも、Stellarでそれらを保持することもできます。2つの間でスワップすることもできます(値が完全に同じになります)。

Q:Stellarのようなブロックチェーンへの移行の主な改善点は何ですか?

A:Stellarのようなブロックチェーンでは手数料がはるかに低く、ブロックチェーンはより予測可能であり、トランザクションの確認時間がはるかに高速です。また、ネットワークの混雑が少ないのでスループットが高くなります。これにより、デジタルサービスのエコシステムを構築する際にKinを拡張することができます。

Q:いつ起こるのですか?どれくらい時間がかかりますか?

A:Q2の初めに初期移行を展開する予定です。2段階の展開が行われる可能性があります。これについては、今後さらに詳しく説明します。

Q:新しいキントークンを作成しますか?

A:いいえ。移行プロセスが完了すると、(EthereumとStellarの両方で)循環しているKinトークンの総数は、最初にホワイトペーパーで示した10兆個の数字に常に等しくなります。トークンの総数は決して変更できません。

Q:取引所で交換可能なトークンはどうなりますか?

A:何も変更はありません。あなたはEthereumにあなたのトークンを保持することができるので、彼らが交換所に留まるならば、トークンはEthereumにとどまります。

仮想通貨kinの将来性に影響はあるか

今の段階では何とも言えません。ただ、ユーザー数を多く抱えているkikmessengerがどれほどの影響力を持たせられるかにかかってきていると思います。そのユーザーが支持をするほどの価値があることが証明されれば価値は上がるでしょうね!

仮想通貨Kinの購入方法

残念ながら、Kinは日本の仮想通貨取引所で購入することが出来ません。購入するには海外の仮想通貨取引所を利用していただく必要があります。

購入できる取引所は、mercatoxという仮想通貨取引所になります。こちらの仮想通貨取引所に日本の仮想通貨取引所から送金することが出来ます。例えば、分かりやすい日本の取引所だとコインチェックbitFlyerなどがあります。口座開設には1週間ほどかかるのでお早めに!

それぞれの送金手数料はこちら!

coincheck bitFlyer
送金手数料(BTC) 0.001BTC 0.0008BTC
送金手数料(XRP) 0.15XRP

bitFlyerならセキュリティも整っており、ビットコイン以外も扱っているためおすすめです!→mercatox

他の通貨も購入したいという方はこちらをご覧ください。
BINANCEの登録手順について

もっと安い通貨が欲しい!という方はCoinExchangeへ!0.01円などの通貨も豊富にありますよ!
CoinExchangeの登録手順について

まとめ

まだまだ実用化にはほど遠い状況です。ですが、日本や各国の中央銀行の制度が整ったのは100年ほどしか歴史がありません。仮想通貨の歴史は始まったばかり。まだまだ安定しないのはあたりまえです。いかに将来価値のあるトークン・技術を見つけていけるのか見極めて将来の価値をつかみましょう!

オススメの仮想通貨取引所

人気の仮想通貨取引所

No.1【bitFlyer】
CMでお馴染のビットフライヤー。もちろん、ビットフライヤーも金融庁に認められ仮想通貨取引所として正式に登録をされています。マルチシグによる対応もしっかり行っており、万全のセキュリティ対策をしています。
登録はこちら→【bitFlyer】

No.2【GMOコイン】
GMOグループが運営しているだけあって安心のセキュリティ。専用のアプリも使いやすく、始めやすい仕様となっています。
登録はこちらから→【GMOコイン】


海外編
CoinExchangeの登録手順について
BINANCEの登録手順について
KuCoin
mercatox

仮想通貨の保存なら:USBトークン型ハードウェアウォレット→ 暗号通貨ハードウェアウォレット

スポンサーリンク
関連記事



★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

コメントの入力は終了しました。