バイナンス上場銘柄ZILの基本情報と将来性について知る【仮想通貨】

★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

BINANCE(バイナンス)は、着実に取り扱い通貨を増やしていますね!また、新しく追加されたZIL(Zilliqa/ジリカ)について情報をまとめてみました。

ZILの基本情報

通貨名:Zilliqa(ZIL)

最大供給量:12,600,000,000 ZIL

公式サイト:https://www.zilliqa.com/

スポンサーリンク

ZILとはどんな通貨??【概要】

ZILは、世界初のハイスループットパブリックブロックチェーンプラットフォームで、毎秒何千ものトランザクションに対応できるように設計されています。

本来、既存の暗号化通貨とスマート契約プラットフォームスケーラビリティの問題を有することが知られており、1秒間に処理できるトランザクションは通常は10未満と限られています。それをZILでは数千!桁が違うってもんです!

アプリケーションの数が公衆暗号化通貨とスマート契約プラットフォームと成長し、高トランザクション率の処理要求数百および数千のTx / sにすることを可能にしています。この作業では、新しいブロックチェーンプラットフォームZILLIQAを利用しています。

トランザクション・レートを拡大するように設計されており、ZILLIQAの利用者が増加し、その取引レートは増加していきます。利用者が増えれば、取引における価格が上昇していくってことですね。

Ethereumの現在のネットワーク規模は30,000人で、ZILLIQAは約1000倍の処理が期待されています。マイニングネットワークを分割するそれぞれのトランザクションを処理することと並行してできるより小さい断片に分割していきます。

契約言語と実行環境大規模かつ高度に提供する基礎となるアーキテクチャ効率的な計算プラットフォームです。スマート契約言語ZILLIQAはデータフロープログラミングスタイルを採用しています簡単に実行できる大規模な計算を実行するのに理想的並列化することが出来るようになります。

これらを要約すると、ZILはネットワークの拡張に伴ってトランザクションレートを向上させる新しいプロトコルを使用してシャーディングの理論を実践しています。このプラットフォームは、機械学習や財務アルゴリズムのスケーリング要件を満たすように設計された安全なデータ駆動型分散アプリを実現するように調整されています。 

Zilliqaは2年間にわたり研究開発中であり、いくつかの画期的な導入を商業的に推進しています。

ZILのロードマップ

今の段階では、2018年第四クオーターまでの計画になっており、2018年第三クオーターからローンチが行われるので、今のうちに仕込んでおくのはありかもしれませんね。

また、商業利用ということを公言しているので使える場所というのも増えていく可能性もあります。仮想通貨自体がこれからになるのか、すたれていくのかはまだわかりませんが、このように商業利用できる通貨は当たり前のような世の中になりそうですね。

メディアへの露出について

皆さん、見たことがある企業ばかりです。今後に注目していきたいですね!

ZILのパートナー企業

上記の企業がパートナー企業一覧になります。

ZILの将来性について

ZILのホワイトペーパーもしっかりしていますし、運営はまだ見極めているところになります。ただ、いい加減な運営よりも誠実な運営の方が任せていきたいですね!

ポジティブトークを載せていきます。

ZILのチャート

ZILの2018年3月10日時点のチャートを見てみましょう!4.5円です。上場前は3円前後だったので1円も高騰をしていますね。

参照:coinGecko

ZILの購入方法について

ZILを購入を出来るのは、BINANCE(バイナンス)になります。こちらの海外仮想通貨取引所に日本の仮想通貨取引所から送金することが出来ます。分かりやすい日本の取引所だとbitFlyerなどがあります。※日本の仮想通貨取引所の口座を開設してないと解説に1週間ほど時間が掛かりますので、お気をつけください。

それぞれの仮想通貨取引所から送金をするための送金手数料はこちら!

coincheck bitFlyer
送金手数料(BTC) 0.001BTC 0.0008BTC
送金手数料(XRP) 0.15XRP

今、利用するのなら、bitFlyerにしましょう!

BINANCEの登録手順について

もっと安い通貨が欲しい!という方は下記もオススメですよ!
CoinExchangeの登録手順について
mercatox
KuCoin

まとめ

ZILの今後の価格の推移には注目していきましょう!

オススメの仮想通貨取引所

人気の仮想通貨取引所

No.1【bitFlyer】
CMでお馴染のビットフライヤー。もちろん、ビットフライヤーも金融庁に認められ仮想通貨取引所として正式に登録をされています。マルチシグによる対応もしっかり行っており、万全のセキュリティ対策をしています。
登録はこちら→【bitFlyer】

No.2【GMOコイン】
GMOグループが運営しているだけあって安心のセキュリティ。専用のアプリも使いやすく、始めやすい仕様となっています。
登録はこちらから→【GMOコイン】


海外編
CoinExchangeの登録手順について
BINANCEの登録手順について
KuCoin
mercatox

仮想通貨の保存なら:USBトークン型ハードウェアウォレット→ 暗号通貨ハードウェアウォレット

スポンサーリンク
関連記事



★記事が気に入ったらシェアをお願いします★