激安仮想通貨のReddcoinとは?特徴、将来性、価格チャートを紹介!!

★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

ビットコイン

ビットコインを知ってる人は多くても、それ以外は知らないという人も多いのが事実です。その中で、かなり安価な仮想通貨はあります。

今回はReddcoin/RDDについて情報を配信していきます!

Reddcoin/RDDの2017年12月23日更新の記事はこちらです↓

1円以下で購入可能な安価仮想通貨Reddcoin/RDDの最新情報!価格300上がり!まさかの経済紙に取り上げられた!?価格上昇の要因は何だったのか検証。チャートも掲載!

Reddcoin(レッドコイン)/RDDとは

Reddcoin/RDDは、人々の社会生活を豊かにし、一般の人々にとってデジタル通貨を容易にする社会通貨です。Reddcoinは、すべての主要なソーシャルネットワークとシームレスにデジタル通貨プラットフォームを統合して、お金を送受信するプロセスをすべての人にとって楽しくて使いやすいことを実現します。
参照:https://www.reddcoin.com/#Wallets

RDDの目的は、すべての主要なソーシャルネットワークとシームレスな暗号侵害システムを統合して、コインを簡単に、楽しく、そして贈与者と受け手の両方に交換するプロセスを実現することです。

あまりわかりづらいですよね!RDDというものをチップのように使うというものです!そのため、何かのお礼にReddcoinを上げますというものですね!

動画も下記に載せておきます!

RDDの特徴

RDDの特徴を紹介します。

PoSV

所有権(Stake)と活動(Velocity)の両方を尊重する革新的なアルゴリズムを使っています。PoSVは従来のPoW&PoSアルゴリズムの問​​題を解決し、マイニングのために必要な計算に使用する無駄な電力消費を排除します。

ヒントプラットフォーム

Reddcoin分散型ヒントプラットフォームにより、世界中の誰にでもソーシャルネットワーク上のデジタル通貨をシームレスに送受信でき、マイクロ寄付を通じてコン​​テンツの制作者をサポートすることができます。

これで送金をすることができるので、いちいち銀行に送金をする指示を出す手間が省けます。

Redd-ID

Reddcoin Redd-IDはブロックチェーンレベルで提供されるサービスで、ユーザーはユーザー名を公開キーやソーシャルネットワークIDなどの豊富な情報に関連付けることができます。

ソーシャルネットワークのIDと紐付けることができるので、例えば、Facebookなどと連動することが可能です。ただ、個人が特定されやすくなってしまうのではないかという懸念もあります。

ReddWallet

Reddcoin ReddWalletは、さまざまなソーシャル機能を提供する最先端の財布としての機能を持っており、ユーザー間のエンゲージメントを高め、分散型ネットワークのセキュリティを向上させます。

いろいろなソーシャルメディアと連携することが可能なのでユーザビリティが優れておりスピード感も早く処理することができるものとなっています。

RDDの今後

RDDはビットコインやリップルなどどは毛色が違うため大きな取引では利用されづらいです。ただ、一般のユーザーについては簡単にストレスフリーで利用ができる小口取引のための通貨だと思ってください。

そのため、新しく出るソーシャルメディアと連携をすることができれば、広く世界に広がっていく可能性を秘めている仮想通貨になります。

RDDの価格・チャートについて

現在の価格は0.00000015bitです。日本円で、0.12円くらいです。激安です!!大化けすれば大富豪です!!狙えます!!チャート載せます!!※2017年11月9日時点です。

参照:https://bittrex.com/Market/Index?MarketName=BTC-RDD

スポンサーリンク

RDDの購入方法について

日本からRDDを購入するには一度日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入後、送金をする必要があります。

いざ仮想通貨を購入しようとしてもアカウント登録が出来なければ取引もできないですからね。入金も国内の仮想通貨取引所から行うので、国内仮想通貨取引所のアカウントを持っていない方は国内仮想通貨で登録をしましょう。
coinncheck

海外仮想通貨取引所のBITTREXに登録をしてからでないとRDDをはじめとするマイナーなアルトコインを購入することが出来ません。登録方法についてはこちらを参考にしてください。

BITTREX(ビットトレックス)の登録方法と手順について解説!安価な仮想通貨(アルトコイン)を手にして勝ち組になってしまいましょう!

それ以外の仮想通貨を購入するなら、BINANCE(バイナンス)という仮想通貨取引所になります。日本の仮想通貨取引所から送金することが出来ます。例えば、分かりやすい日本の取引所だとコインチェックbitFlyerなどがあります。口座開設には1週間ほどかかるのでお早めに!

それぞれの送金手数料はこちら!

coincheck bitFlyer
送金手数料(BTC) 0.001BTC 0.0008BTC
送金手数料(XRP) 0.15XRP

XRPでも送金ができるのはcoincheckになります。しかも、XRPで送る方が手数料は断然安いです。

BINANCEの登録手順について

もっと安い通貨が欲しい!という方はCoinExchangeへ!0.01円などの通貨も豊富にありますよ!
CoinExchangeの登録手順について

まとめ

RDDは現在、かなり安いです。そのため、今後どうなっていくかは正直わかりません。ただ、数百と仮想通貨があるこの状況ではどうなってもおかしくないことは確かです。

収益を求めるために仮想通貨を購入するのであれば、収益源として問題ないかどうかしっかりと見極めてから購入することをおすすめします。

RDDについて12月23日更新の記事はこちら↓

1円以下で購入可能な安価仮想通貨Reddcoin/RDDの最新情報!価格300上がり!まさかの経済紙に取り上げられた!?価格上昇の要因は何だったのか検証。チャートも掲載!

その他の仮想通貨一覧はこちら!

仮想通貨種類一覧!おすすめポイント含め仮想通貨一覧を特集としてご紹介!ビットコイン以外の多種の仮想通貨を取り揃えました!今まで書いた記事を見やすいように一覧にまとめました。目次のように使っていただけたらと思います。

おすすめの仮想通貨取引所はこちら
GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】
取扱通貨増加中!!リップルの取り扱いも始まります!!詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

仮想通貨FXのGMOコインとは?仮想通貨取引所との違いは!?特徴まとめをまとめてみました!これを見ればGMOコインについてすべて把握したも同然!?レバレッジの取扱いや扱っている仮想通貨も公開!



簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

オススメの仮想通貨取引所

人気の仮想通貨取引所

No.1【bitFlyer】
CMでお馴染のビットフライヤー。もちろん、ビットフライヤーも金融庁に認められ仮想通貨取引所として正式に登録をされています。マルチシグによる対応もしっかり行っており、万全のセキュリティ対策をしています。
登録はこちら→【bitFlyer】

No.2【GMOコイン】
GMOグループが運営しているだけあって安心のセキュリティ。専用のアプリも使いやすく、始めやすい仕様となっています。
登録はこちらから→【GMOコイン】


海外編
CoinExchangeの登録手順について
BINANCEの登録手順について
KuCoin
mercatox

仮想通貨の保存なら:USBトークン型ハードウェアウォレット→ 暗号通貨ハードウェアウォレット

スポンサーリンク
関連記事



★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

コメントの入力は終了しました。