1円以下で購入できる仮想通貨sia(シア)コインとは?今後の展望は?

★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

仮想通貨市場が過熱化している昨今。買おうと思ったら仮想通貨高いじゃないか!ビットコインなんてこの金額で買えないよ!って人はいるのではないでしょうか。

そうですよね。。。いくら1ビットでなくても0.1ビットから買えますって言われてもきちんと1ビットで買いたい!

だったら、安い通貨でコインを購入してしまいましょう!
そこで、今回はsia(シア)コインについて紹介をしていきます。

スポンサーリンク

Siacoin

Siacoinとは

シアコインは、2015年に発表された仮想通貨になります。他の仮想通貨と何が違うのかというと、「自分自信が持つストレージの空き容量を貸し出すことで報酬を得る」という仮想通貨です。

さらに詳しくシアコインの仕組みを説明すると、ブロックチェーン経由でストレージを貸し出すことが可能となっています。貸し出し使ってもらうことでシアコインを報酬として受け取ることができるのです。

通常、ネットなどで売られているクラウドのストレージを使おうとすると結構な金額が掛かりますよね!?このシアコインは一般ユーザーの使用しないストレージを貸し出すため低コストで利用することができます!

 Siacoinを使うことのメリット

シアコインの特徴として、クラウドサービス安価に使うことができ、なおかつ、安全性ということが挙げられます。

一般的に有名なクラウドサービスといえば、「Googleクラウド」「dropbox」「Oneドライブ」などがあります。これらは、基本的に無料で使うこともできますが、容量が足らなくなった場合に追加料金を払うことでストレージの容量を増やすことができるのは皆さんご存知ですよね!そこで、シアコインのメリットの一つ目を紹介します。

メリット①安価にストレージを利用できる

シアコインの分散クラウドは、現在のクラウドストレージのサービスに比べると平均して10倍安いです!

そのため、コストを気にすることなくデータを扱うことができますよ!!以下に比較表を載せますので参考にしてください。

サービス名(5TB) 毎月のストレージコスト ダウンロードにかかる費用
siacoin $ 10 5ドル
Amazon S3 115ドル 460ドル
GoogleCloud 100ドル 550ドル
MicrosoftAzure 120ドル $ 435

メリット②完全なプライベート環境

siaは分散されたネットワーク上で、ブロックチェーンの技術を用いてデータを暗号化し通信を行います。さらに、一つのストレージを使うのではなく、複数のネットワーク上にあるストレージを使用するため他社からファイルにアクセスされたり、改ざんされることはありません。

メリット③完全なるオープンソース

Siaは完全なるオープンソースのため、さまざまな技術を提供を受け進化をし続けます。よりユーザーにとって使いやすいシステムに構築されていきます。ですので、Siaが普及される頃には使いやすいインターフェースになっていることでしょう!

Siacoin(シアコイン)を扱っている取引所

仮想通貨の時価総額ランキングでは54位となっています。

参照:https://coinmarketcap.com/

残念ながら、日本ではSiacoinの取り扱いはありません。。。

購入する際は、PoloniexBittrexなど海外の仮想通貨取引所を利用するしかありません。しかも、気を付けなければならないこととして日本円で購入することができない点です。

購入方法は後程ご説明します!

Siacoin(シアコイン)のチャート

現在のSiacoinの価格は0.00000048bitの価格です。0.3円くらいの価格ですね!6月ごとは価格はもっと高かったのですが、今は下がっています。

ビットコインやその他の通貨が注目されている現在において、まだまだ本領発揮をしていない状況ですね!

Siacoin(シアコイン)の購入方法について

日本からSiacoin(シアコイン)を購入するには一度日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入後、送金をする必要があります。

まずは、海外仮想通貨取引所のBITTREXに登録をしてからでないとXVG・Siacoinをはじめとするマイナーなアルトコインを購入することが出来ません。登録方法についてはこちらを参考にしてください。※現在新規アカウント作成が出来ません。

BITTREX(ビットトレックス)の登録方法と手順について解説!安価な仮想通貨(アルトコイン)を手にして勝ち組になってしまいましょう!

それ以外の仮想通貨を購入するなら、BINANCE(バイナンス)という仮想通貨取引所になります。日本の仮想通貨取引所から送金することが出来ます。例えば、分かりやすい日本の取引所だとコインチェックbitFlyerなどがあります。口座開設には1週間ほどかかるのでお早めに!

それぞれの送金手数料はこちら!

coincheck bitFlyer
送金手数料(BTC) 0.001BTC 0.0008BTC
送金手数料(XRP) 0.15XRP

XRPでも送金ができるのはcoincheckになります。しかも、XRPで送る方が手数料は断然安いです。

BINANCEの登録手順について

もっと安い通貨が欲しい!という方はCoinExchangeへ!0.01円などの通貨も豊富にありますよ!
CoinExchangeの登録手順について

Siacoin(シアコイン)と同等に安くて未来に期待がある仮想通貨はこちらの仮想通貨です!実際価格が半年間で5倍以上になっています。

Verge(XVG)の最新情報を更新。10円以下の仮想通貨を購入し億万長者になれるか検証。Binanceへの上場時期についても解説!

まとめ

Siacoin(シアコイン)はまだまだこれからの仮想通貨になります。ブロックチェーンという特性を利用したストレージサービスは今後必要とされるサービスになるでしょう!

第四次産業によるITの活用が増えれば扱うデータ量も必然的に増えることが容易に予想されます。さらに、暗号化し安全性を確保しながらデータを管理することは企業にとっても、個人にとっても必須項目として注目を浴びていくこと間違いなしです。今後に注目していきたいですね!

その他の仮想通貨一覧はこちら!

仮想通貨種類一覧!おすすめポイント含め仮想通貨一覧を特集としてご紹介!ビットコイン以外の多種の仮想通貨を取り揃えました!今まで書いた記事を見やすいように一覧にまとめました。目次のように使っていただけたらと思います。

おすすめの仮想通貨取引所はこちら
GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】
取扱通貨増加中!!リップルの取り扱いも始まります!!詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

仮想通貨FXのGMOコインとは?仮想通貨取引所との違いは!?特徴まとめをまとめてみました!これを見ればGMOコインについてすべて把握したも同然!?レバレッジの取扱いや扱っている仮想通貨も公開!



簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

オススメの仮想通貨取引所

人気の仮想通貨取引所

No.1【bitFlyer】
CMでお馴染のビットフライヤー。もちろん、ビットフライヤーも金融庁に認められ仮想通貨取引所として正式に登録をされています。マルチシグによる対応もしっかり行っており、万全のセキュリティ対策をしています。
登録はこちら→【bitFlyer】

No.2【GMOコイン】
GMOグループが運営しているだけあって安心のセキュリティ。専用のアプリも使いやすく、始めやすい仕様となっています。
登録はこちらから→【GMOコイン】


海外編
CoinExchangeの登録手順について
BINANCEの登録手順について
KuCoin
mercatox

仮想通貨の保存なら:USBトークン型ハードウェアウォレット→ 暗号通貨ハードウェアウォレット

スポンサーリンク
関連記事



★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

コメントの入力は終了しました。