10円以下仮想通貨のTRXの最新情報!将来価値が上がるかもしれないトピックスが!?

★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

海外の仮想通貨取引所のBinanceで取り扱われている仮想通貨TRXの最新情報を配信していきます!

XVGが一足先に飛び立ちましたが、TRON(トロン)/TRXはどうなのでしょうか!もしかしたら、将来の価値が上がるかもしれない要因になりそうな情報があったのでまとめてみました。

スポンサーリンク

TRON(トロン)/TRXを保有するトロン財団がTRXをロック

最近では、リップルのロックアップが話題になりました。こちらのTRONに関しても2020年1月1日まで取引ができないように口座が凍結されています。

その量は34.2518%TRX、すなわち34251807523.9 TRXが自由に取引をすることができなくなったというわけです。

およそ35パーセントのTRXが取引できなくなったわけですから、大量売却による価格暴落の危険性は減ったわけです。

目的としては、投資家などのサポーターの利益を守るためと言われています。まぁ、当然のことながら、投資家からしたらリスクがある投資対象に投資はしたがらないですからね。

OKEXでの取り扱い開始

OKEx.comのとは:

OKEx(www.okex.com)は、世界中で最も人気のあるデジタル資産取引プラットフォームの1つです。OKExのコアチームは、Alibaba、Tencent、Huaweiなどの世界的に認められた企業の人で構成されています。OKExは、創業当初、Hotmail、Baidu、Teslaなどの有力企業に同様に投資した世界的に認められたTim Draperによって設立されたVenturesLabから、数百万ドル相当のエンジェル投資を得ました。2014年初頭には、香港上場会社のMeitu(01357.HK)の創設者である中国の有名なベンチャーキャピタルファンドCeyuanとLongling Capitalから1,000万ドルの投資を受けました。

TRXの取引は12月16日、22日に開かれ23日現在、確認したところ確かに取り扱われておりました!

経済紙フォーブスで取り上げられる

もともとは仮想通貨のXVGについての記事でしたが、その中に、きちんとTRON(トロン)/TRXについても書かれていましたよ。

その一文がこちらになります。

Verge(XVG)は、#29ドルでトップ30の暗号化を達成し、$ 1.1Bドルの新しい時価総額を達成しました。

2017年12月は、クリプトカルトの前例のない月でした。$ 10Kをクラッキングした後、BitcoinはCoboe  とCME でビットコイン先物取引を開始した後、 $ 20Kに近づいています。その後、Litecoin 、Ripple、  TRON、Cardano、  Stellar、  Bitcoin Cash、Qtumのようなアルトコインは記録的な高値を記録するために大規模な成長を経験しています。

この週の間に「mooning」されている別のコインは、Verge(XVG)です。

引用:フォーブス

ここに取り上げられている記事に通貨に関しては成長が著しいものばかりです。期待が持てますね!

こちらの記事の内容をまとめた記事に関してはこちらをクリック!

シカゴトリビューンへの掲載

またまた、メディアに取り上げられてしまっています。XVGとともに。セットなんですかね(笑)

その記事の中の一文としては、下記のようにTRON(トロン)/TRXを取り上げています。

シンガポールのTron Foundationが運営するTronは、そのウェブサイトによると、ブロックチェーンに基づいた「世界的な無料のコンテンツエンターテイメントシステム」を構築したいと考えている。このプロトコルにより、ユーザーは自由にデータを公開、保存、所有することができ、コンテンツの配信方法やコストを決めることができます。支払は、トロンのコインを含む暗号化通貨で行われます。時価総額31億ドルのトロンは、先週、340%上昇した。

引用:シカゴトリビューン

記事として扱われるということはそれだけ注目されているということですね!価格の上昇率がおかしいので目立ってしまうのでしょうね!

TRON(トロン)/TRXの価格・チャートについて

一時5円を超える高騰をしたのですが、現在は少し落ち着いて4円くらいです。0.00000250bitくらいです。

まだまだ手を出しやすい価格ですし、今後の上がることを期待すると今から仕込んでおきたいところです。

TRON(トロン)/TRXの購入方法

残念ながら、TRXは日本の仮想通貨取引所で購入することが出来ません。ですが、日本語対応の海外の仮想通貨取引所で購入することが出来ます。

それが、BINANCE(バイナンス)という仮想通貨取引所になります。日本の仮想通貨取引所から送金することが出来ます。例えば、分かりやすい日本の取引所だとコインチェックbitFlyerなどがあります。口座開設には1週間ほどかかるのでお早めに!

それぞれの送金手数料はこちら!

coincheck bitFlyer
送金手数料(BTC) 0.001BTC 0.0008BTC
送金手数料(XRP) 0.15XRP

XRPでも送金ができるのはcoincheckになります。しかも、XRPで送る方が手数料は断然安いです。

もっと安い通貨が欲しい!という方はCoinExchangeへ!0.01円などの通貨も豊富にありますよ!
CoinExchangeの登録手順について

まとめ

仮想通貨は数が多いのでどれを購入していいのか悩んでしまいますね。どの仮想通貨も来年になれば上がるといわれていますが、根拠がないとやはり厳しいです。しっかりと見極めて仮想通貨で夢を掴んじゃいましょう!

この記事の一日後のTRXの記事はこちらになります!

仮想通貨TRON(トロン)/TRXが日本の仮想通貨取引所に上場!?ロックアップ情報やアリババ提携!?日本の仮想通貨取引所に上場したら価格が上がりそう!最新情報まとめ!

その他の仮想通貨一覧はこちら!

仮想通貨種類一覧!おすすめポイント含め仮想通貨一覧を特集としてご紹介!ビットコイン以外の多種の仮想通貨を取り揃えました!今まで書いた記事を見やすいように一覧にまとめました。目次のように使っていただけたらと思います。

おすすめの仮想通貨取引所はこちら
GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】
取扱通貨増加中!!リップルの取り扱いも始まりました!!詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

仮想通貨FXのGMOコインとは?仮想通貨取引所との違いは!?特徴まとめをまとめてみました!これを見ればGMOコインについてすべて把握したも同然!?レバレッジの取扱いや扱っている仮想通貨も公開!



簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

オススメの仮想通貨取引所

人気の仮想通貨取引所

No.1【bitFlyer】
CMでお馴染のビットフライヤー。もちろん、ビットフライヤーも金融庁に認められ仮想通貨取引所として正式に登録をされています。マルチシグによる対応もしっかり行っており、万全のセキュリティ対策をしています。
登録はこちら→【bitFlyer】

No.2【GMOコイン】
GMOグループが運営しているだけあって安心のセキュリティ。専用のアプリも使いやすく、始めやすい仕様となっています。
登録はこちらから→【GMOコイン】


海外編
CoinExchangeの登録手順について
BINANCEの登録手順について
KuCoin
mercatox

仮想通貨の保存なら:USBトークン型ハードウェアウォレット→ 暗号通貨ハードウェアウォレット

スポンサーリンク
関連記事



★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

コメントの入力は終了しました。