爆上げ中の仮想通貨「TRX/トロン」とは?特徴、チャート情報!

★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

何かと話題のビットコインを買いたい・・・

でも気付いたころには手の届かない金額に・・・

そんな悩みを持っている方でも大丈夫です。これから上がる可能性のある暗号通貨を購入すればいいんです!

そこで、10円あれば購入が出来る仮想通貨「TRON(トロン)/TRX」について情報をまとめてみました。

特徴やチャートを見て将来性があるのか判断をしてもらえればと思います!

スポンサーリンク

TRON(トロン)/TRXとは

トロンとは公開が2017年の新しい通貨になります。発行枚数は1000億TRXです。

ICOで即座に完売をしてしまった仮想通貨です。※ICO=仮想通貨技術を用いた資金調達のこと。発行枚数が決まっており、公開後価格が高騰することが多いため公開前に購入をするユーザーが増えています。

TRON(トロン)/TRXの概要は、ブロックチェーンと分散型ストレージ技術を用いて世界的な無料のコンテンツエンターテインメントシステムを構築することを目指すブロックチェーンベースの分散型プロトコルです。

このプロトコルは、各ユーザが自由にデータを公開、保存、所有することを可能にし、分散された自律的な形態なため、コンテンツの配信や購読をすることが出来ます。また、コンテンツクリエイターによってデジタル資産をリリース、流通および処理することが可能です。

1000万人以上のユーザーを抱えるPeiwo Appは、最初のTRON(トロン)互換エンターテインメントAPPになります。

過去にSiacoin(シアコイン)について記事にしました。Siacoin(シアコイン)は一般ユーザーの空いているストレージをブロックチェーン技術で利用するというものです。自由にデータを保存出来るという点については似ていますが、使い方は違いますのでご注意を。Siacoin(シアコイン)についてはこちら

TRON(トロン)/TRXは無料でエンターテイメントコンテンツを提供することを目的に開発をされています。

今では、スマホで写真を撮ったり動画を取ることはあたり前で「インスタ映え」という言葉も流行語になりましたね!

ただ、その分データ量も多くなります。公開をさせたくてもできなくなることも考えられます。そこで、活躍するのがTRON(トロン)/TRXの技術になります。

自由に無制限に文字や写真、オーディオなどのコンテンツを保存することができ、自律型ゲーム、予測およびゲームシステムなどのオンラインゲームのプラットフォームが構築することもできます。

いわゆるエンターテイメントに特化した技術だと思ってください!

TRON(トロン)/TRXの考え方

TRON(トロン)/TRXでは、開発段階で下記のように定義を持って開発に臨んでいます。

1.作成者(ユーザー)はデータの基本的な所有権を持ち、インターネットは分散化する必要があります。これは、インターネットが生まれた当時の医師ティム・バーナーズ・リーとインターネットの創造の本来の意図によって提案されました。

2.生態学的なTRON(トロン)貢献する者は、規則に従って比例的な利益を得ることができる。バリューネットワークは、ソーシャルネットワークとメディアネットワークで何かをデジタル的に活用する最大の利点を持っています。

3.すべての形式の寄付は、同等の量的価値でなければならない。実質的には、参加者が投資した時間、優れたコンテンツが作成され、注目されるのは、完成した首都と同等のメジャー値です。

4.TRON(トロン)の基本的な目的は、一般の人々にサービスを提供することです。TRON(トロン)は、非営利団体が運営するエコロジーとして、利益を得る目的ではなく世界中のコンテンツエンターテインメントを楽しむ大衆に役立つように設計されています。すべてのTRON参加者は、繁栄の恩恵を受けるでしょう。

5.コンテンツは、人々を支配するのではなく、人々に報いるために使用すべき資本ではなく、人々から派生しなければならない。文化や創造的な産業は、コンテンツを消費しない資本家ではなく、コンテンツクリエイター、アーティスト、脚本家による芸術とコンテンツの質の追求によって主に推進されるべきである。

引用:https://tronlab.com/

一般のユーザーでもコンテンツを自由に保存し拡散できる権利がある、その権利を誰でも主張することが出来る、クリエイターもアーティストも脚本家も自由にエンターテイメントを楽しんでほしい!って思いで作られたようですね!

TRON(トロン)/TRXの展望

1.エクソダス

データ解放(Data Liberation)ピアツーピアおよび分散コンテンツに基づくアップロード、記憶および配信の仕組み。
Exodusフェーズでは、分散ストレージテクノロジに基づいて、TRON(トロン)/TRXはデータの発行、格納および配布のための完全に自由で信頼性の高いプラットフォームをユーザーに提供します。

2.オデッセイ

コンテンツエンパワーメント経済的インセンティブ、エンパワーメント、コンテンツエコロジー、ブロックチェーンテクノロジーは、コンテンツ制作、流通、普及のための公正なリターンで、完全に競争力のある経済メカニズムを作り出します。したがって、個人は励ますことができ、コンテンツに権限が与えられ、システムの境界が絶えず拡張されます。

3.グレート・ヴォヤージ

個人のICOブロックチェーンの優位性に基づいて、TRON(トロン)/TRXは3つの主要な問題を解決します:所得の測定、配当支払い、サポーターの管理、そしてファン経済からファンファンドへの大幅な転換を実現します。

4.アポロ

排他的に個人がためのバリュー・ド・集中トークン貿易の自由な移動。TRON(トロン)/TRXシステム内の各コンテンツ製作者が自分のトークンを発行することができ、目標に到達するためには、システムがデ集中tradingsのための完全なソリューションを持っている必要があります。集中化されていない取引プラットフォームを確立することにより、システムの価値、財産権、リスクを自由に交換して交換することができ、システム全体の経済的活力を幾何学的倍数で高めることができます。

5.スター・トレック

トラフィックの収益化 – 非集中化と市場予測のゲーム2014年の世界のゲーム市場の規模は4,500億ドルを超えました。TRONコンテンツプラットフォームによってもたらされるトラフィックは、非集中化のためのオンラインゲームプラットフォームを構築することを可能にする。開発者は、TRON(トロン)/TRXを通じて自由にオンラインゲームプラットフォームを構築し、完全に自律的なゲームを提供し、市場機能を予測することができます。

6.エタニティ

トラフィックの転換 – 非集中型ゲーム。2016年には、グローバルビデオゲーム市場が96億6,000万ドルに達し、そのうちの電話ゲーム市場の規模は46億ドルで42%でした。TRON(トロン)/TRXは、オンラインゲームプラットフォームを確立する可能性を提供します。開発者は、TRON(トロン)/TRXを通じてゲームプラットフォームを自由に設定し、ゲーム開発のための群衆資金を獲得し、共通投資家がゲームに投資することを可能にします。

というような展望なのですが、いまいち分かりづらいですね。。。より良くするためのサービス提供してくれるみたいです!

TRON(トロン)/TRXの価格・チャート

12月18日時点でのTRXの価格は、0.00000215bitです。日本円だと、4.5円くらいの価格ですね!まだまだ手を出しやすい価格です。

参照:BINANCE

90日での推移はこんな感じです。↓

一円以下だった価格が1か月も経たないうちに5円以上になっています!夢がある仮想通貨ですね!

TRON(トロン)/TRXの購入方法

残念ながら、TRXは日本の仮想通貨取引所で購入することが出来ません。ですが、日本語対応の海外の仮想通貨取引所で購入することが出来ます。

それが、BINANCE(バイナンス)という仮想通貨取引所になります。日本の仮想通貨取引所から送金することが出来ます。例えば、分かりやすい日本の取引所だとコインチェックbitFlyerなどがあります。口座開設には1週間ほどかかるのでお早めに!

それぞれの送金手数料はこちら!

coincheck bitFlyer
送金手数料(BTC) 0.001BTC 0.0008BTC
送金手数料(XRP) 0.15XRP

XRPでも送金ができるのはcoincheckになります。しかも、XRPで送る方が手数料は断然安いです。

BINANCEの登録手順について

もっと安い通貨が欲しい!という方はCoinExchangeへ!0.01円などの通貨も豊富にありますよ!
CoinExchangeの登録手順について

12月18日時点でBINANCEはTRXのキャンペーンをやっているみたいです!取引量の多かったトレーダーにプレゼントがあるようですよ!!

まとめ

1か月で価格が5倍にもなるなんて信じられませんね!仮想通貨元年と言われている2017年ですが、2018年は仮想通貨の取引がもっと活発になりそうですね!どうなるか楽しみです。乗り遅れないように情報だけでも収集しておきましょう!

TRON(トロン)/TRXの2017年12月23日更新の記事はこちら

10円以下仮想通貨のTRXの最新情報!将来価値が上がるかもしれないトピックスが!?経済紙に取り上げられたり、ロックアップしたりとイベントが盛りだくさんです。最新の価格チャートも掲載し、値動きもわかるようにしてあります。購入の仕方も案内していますのでご安心を!

2017年12月29日更新の記事はこちら

その他の仮想通貨一覧はこちらの記事をご覧ください。

仮想通貨種類一覧!おすすめポイント含め仮想通貨一覧を特集としてご紹介!ビットコイン以外の多種の仮想通貨を取り揃えました!今まで書いた記事を見やすいように一覧にまとめました。目次のように使っていただけたらと思います。

他にも10円以下の仮想通貨はあります。下記の記事も合わせてご覧ください。

Verge(XVG)の最新情報を更新。10円以下の仮想通貨を購入し億万長者になれるか検証。Binanceへの上場時期についても解説!
1円以下で購入できる仮想通貨sia(シア)コインとは?今後の展望は?まずはシアコインについてしっかりと把握をしていきましょう!概要と価格のチャートを紹介していきます!価格はどれくらいでどのようなサービスを使えるのか徹底解説!

おすすめの仮想通貨取引所はこちら
GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】
取扱通貨増加中!!リップルの取り扱いも始まりました!!詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

仮想通貨FXのGMOコインとは?仮想通貨取引所との違いは!?特徴まとめをまとめてみました!これを見ればGMOコインについてすべて把握したも同然!?レバレッジの取扱いや扱っている仮想通貨も公開!



簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

オススメの仮想通貨取引所

人気の仮想通貨取引所

No.1【bitFlyer】
CMでお馴染のビットフライヤー。もちろん、ビットフライヤーも金融庁に認められ仮想通貨取引所として正式に登録をされています。マルチシグによる対応もしっかり行っており、万全のセキュリティ対策をしています。
登録はこちら→【bitFlyer】

No.2【GMOコイン】
GMOグループが運営しているだけあって安心のセキュリティ。専用のアプリも使いやすく、始めやすい仕様となっています。
登録はこちらから→【GMOコイン】


海外編
CoinExchangeの登録手順について
BINANCEの登録手順について
KuCoin
mercatox

仮想通貨の保存なら:USBトークン型ハードウェアウォレット→ 暗号通貨ハードウェアウォレット

スポンサーリンク
関連記事



★記事が気に入ったらシェアをお願いします★

コメントの入力は終了しました。